さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ 一口馬主 › 【ノルマンディーOC】 › テメリアイランド2016 › ノルマンディーオーナーズクラブ新規入会出資馬 テメリアイランド2016(ハーツクライ産駒)

HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月11日

ノルマンディーオーナーズクラブ新規入会出資馬 テメリアイランド2016(ハーツクライ産駒)


ノルマンディーオーナーズクラブ
出資2歳馬紹介


テメリアイランド2016

牝馬
父 ハーツクライ
母 テメリアイランド
母父 Montjeu
栗東 河内洋厩舎
生産 前川勝春氏
2016年4月13日生

ノルマンディーオーナーズクラブ2次募集馬から、栗毛のハーツクライ産駒牝馬 テメリアイランドの16で入会しました。
ノルマンディーオーナーズクラブには1次募集でも、昆貢厩舎入厩予定のマンハッタンカフェ産駒 カグラの16で新規申し込みをしていましたが、抽選時の口数変更(2口⇒1口)の場合はキャンセルという部分にチェックを入れたため出資出来ませんでした。
今回も募集開始時には、全姉となる藤沢和雄厩舎所属のハーツクライ産駒の牝馬 シャドウアイランドが、デビュー戦から3着・2着と好走していたので、抽選になるかと思い口数変更の部分にはチェックを入れずに申し込みましたが、無事に希望口数(2口)での出資が決まりました。
動画での印象は普通かなといった印象ではありましたが、いずれにしてもまだ育成のはじまる前の段階でしたから、緩さは解消してくるものと思われます。決め手は "栗毛のハーツクライ産駒" と、母の父にモンジューが入る血統。活躍した栗毛のハーツクライ産駒の牝馬といえば、ヌーヴォレコルト、キョウワジャンヌ等。

その全姉シャドウアイランドが、3戦目となった1月27日の東京芝1800m牝馬限定未勝利戦にて勝ち上がっています。馬なりのまま好位追走から直線に入り、残り400m過ぎで追い出されると、最後までしっかりと脚を使い後続を完封するという、競馬のお手本のようなレース内容だったと思います。


2018年1月31日更新写真

オカダスタッド在厩。
夜間放牧と並行しながらウォーキングマシン1時間のメニューで調整。
担当者コメント
「馴致の最終段階として丸馬場での乗り慣らしまで進めていましたが、この中間放牧中に左前膝を外傷したため、一旦舎飼にとどめて様子を見ていました。腫れもひき歩様も問題ないためマシン運動を再開していますが、やや間隔が空いたため、来月(2月)から馴致のおさらいをしたのち坂路コースへ入れたいと考えています」
(1月31日近況)

1月時点では本格的に乗られていない分、まだまだ緩さが目立ちますが、今後乗り込まれての変わり身に期待です。