さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ 一口馬主 › シルクオールディー › 【シルクホースクラブ】 › FARM 牧場見学 › シルクHC メンバーズカード到着~シルクオールディー元関係者からのメール

HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月03日

シルクHC メンバーズカード到着~シルクオールディー元関係者からのメール

シルクホースクラブのメンバーズカードが、本日自宅に届いたとの報告がありましたので、会員番号を添えて、出資馬情報等のブログ転載許可をもらうため、夕方にクラブへメールを送信。来週になってしまいますが転載許可が出次第、今回の新規出資馬を紹介したいと思います。


シルクホースクラブ
初出資馬

シルクオールディー
(クインオブオールディー2007)

牡馬
父 マンハッタンカフェ
母 クインオブオールディー
母父 Kris S.
栗東 昆貢厩舎
生産 須崎牧場
2007年3月20日生

初めて一口馬主として、この世代で1頭だけ持った競走馬です。写真は札幌でのデビュー前(2歳時)となる2009年7月頃に、当時育成されていた新冠のフロンティアスタッドにて、オールディーを見学した時のもの。もちろんこの日が競走馬の見学も初めてで、今となっても昨日のことのように思い出せます。

昨年(2017年)7月10日、一通のメールが届きました。


初めまして。

突然のコメント失礼いたします。
当時、シルクオールディーの調教を担当していた者です。
彼は私にとっても、とても思い入れの強い馬です。未だに彼を覚えて下さって、HPにものせて下さってらっしゃることに大変感動しております。これからも頑張って下さい。陰ながら応援しております。



一瞬で当時を思い出し、そして戴いたメールに感動し、暫くの間目頭を熱くしました。

期待していただけに、デビュー戦での惨敗にはひっくり返されましたが、本当に楽しませてくれた競走馬でした。


当時の政策 「定額給付金」 がきっかけで
『どうせ使うなら夢のある買い物をしようじゃないか』 と

ひとつ上(2006年産駒)で好きだったアントニオバローズという競走馬
主戦ジョッキー 角田晃一がダービーで勝負にいった馬でした。

『あんな馬を持ってみたい』
と、競馬週刊誌のシルクホースクラブの広告で一口馬主というシステムを知り、同じマンハッタンカフェを父に持つオールディーと出逢いました。


育成先 新冠のフロンティアスタッド万世にて



初めての牧場見学は "夢のような時間"


5戦目となった新潟競馬場芝2400m戦で初勝利。笑われるかもしれませんが・・あれが私にとってのダービー。当日はグリーンチャンネルで、嫁と当時の愛犬ボスとの観戦。ゴール前は立ち上がって涙を流して喜んだ初めての先頭ゴール。懐かしい思い出です。




漆黒に輝き(実際は青毛)、スラっとして無駄がない、見映えのする好馬体の馬でした。






担当者の方に 「マンハッタンカフェ産駒らしく気が強いところもあって、噛み癖がある」
と聞いていましたが、

この後ガッツリ右手を噛まれてきました。

そして、忘れもしない2010年8月8日
当地 函館競馬場での7戦目

当日、函館競馬場パドックにて

口取りに申し込んで、普段着慣れないスーツに着替え、"勝負" の函館競馬場へ。めずらしく暑い日曜日でした。函館競馬7レース 3歳上500万条件 芝2600m戦 鞍上は主戦 四位洋文騎手。馬番は7(そういえば3番と7番が当たる馬だったな)。
レースでは相変わらずズブい(ズブ過ぎる)ところを見せて、主戦四位ジョッキーに気合を付けられながらの追走。それでも4コーナー手前で好位まで上がったところでは手応えが良くみえ、無事に先頭ゴール。

ウイナーズサークルに戻ってきたオールディーを見て、驚いたのが、レース直後にもかかわらず、眠たそうな眼をして既に息が戻っていたこと。ズブかった分、四位ジョッキーは大変そうでしたが。

この時 「上手くいけば菊花賞・・」 と感じました。

函館競馬場 ウイナーズサークル
人生初の口取り

馬を持つ という楽しみを教えてくれた シルクオールディー

また オールディーのような馬を持ちたい。本当にそう思います。私の一口馬主の礎となる競走馬。


シルクオールディー

この馬の記憶は永遠に


初めまして。

突然のコメント失礼いたします。
当時、シルクオールディーの調教を担当していた者です。
彼は私にとっても、とても思い入れの強い馬です。未だに彼を覚えて下さって、HPにものせて下さってらっしゃることに大変感動しております。これからも頑張って下さい。陰ながら応援しております。



1頭の競走馬に対する熱い想い。勝った負けただけでない、こういった部分が競馬・競走馬の素晴らしい部分でもあると感じました。
当日はメール、本当にありがとうございました。感謝。
ブログはこちらで続けていきます。