さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ › Ruffian Turfman Club › マイネレーヌ2016 › マイネアルナイル2016 › 牧場見学 › Ruffian ジャスタクイーン(マイネレーヌ16),ニューデイズドーン(マイネアルナイル16)近況
HAKODATE-RACING-CLUB

2018年01月09日

Ruffian ジャスタクイーン(マイネレーヌ16),ニューデイズドーン(マイネアルナイル16)近況


Ruffian Turfman Club
出資馬近況

ニューデイズドーン
(マイネアルナイル2015)
牝馬

父 スクリーンヒーロー
母父 ロージズインメイ
美浦 畠山吉宏厩舎
生産 ビッグレッドファーム

2017年11月27日 近況
真歌トレーニングパークに滞在中。
坂路で乗り込まれています。主任は「精神面で落ち着いて、以前に比べると随分乗りやすくなってきました。坂路では素軽い動きが見られますね」と話していました。

2017年12月11日 近況
一定期間、順調に進められてきたことを受けて、今後に備えて一息入れることになりました。7日(木)ブルースターズファームに移動して昼夜放牧が行われています。主任は「すでにある程度強めの調教も始めていて、ここまでは至って順調です」と話していました。

2018年1月3日 近況
真歌トレーニングパークに移動して、坂路で乗り込みを再開しています。主任は「以前に比べると力強さが出てきた印象。そろそろ併せ馬による追い切りも始めていきたいと思います」と話していました。




ジャスタクイーン
(マイネレーヌ2015)
牝馬

父 ジャスタウェイ
母父 マイネルラヴ
栗東 宮徹厩舎
生産 荒井ファーム

2017年11月27日 近況
真歌トレーニングパークに滞在中。
坂路で乗り込まれています。主任は「併せ馬では抜群の手応えで走りもいいですね。中間からは坂路のスタート地点に設置している発馬機からのスタートの練習も始めています」と話していました。

2017年12月11日 近況
一定期間、順調に進められてきたことを受けて、今後に備えて一息入れることになりました。7日(木)ブルースターズファームに移動して昼夜放牧が行われています。主任は「休養前にはある程度強めのメニューも課しています。相変わらずフットワークが大きくていい走りですね」と話していました。

2018年1月3日 近況
真歌トレーニングパークに移動して、坂路で乗り込みを再開しています。主任は「以前に比べると力強さが出てきた印象。ゲート練習も問題なく消化できています」と話していました。


※マイネレーヌ2016、マイネアルナイル2016の牧場見学記事は 【続きを読む】 よりご覧になれます。



ラフィアンの本拠地ビッグレッドファーム明和。今回は出資馬2頭の曳き馬見学を申し込んでおり、当日は担当の青木さんに案内して頂きました。。

マイネアルナイル2016
ビッグレッドファーム明和見学 2017年8月14日

父 スクリーンヒーロー
母 マイネアルナイル
母父 ロージズインメイ
美浦 畠山吉宏厩舎
生産 ビッグレッドファーム
2016年3月24日生



見学当日には他馬に胸前を蹴られたという、縫合の跡が痛々しかったマイネアルナイルの16。胸を蹴られるという事は、他馬にちょっかいを出しているという事で、元気な証。プラスに捉えましょう。



動画の歩様では、左鞆の入りが窮屈に見え(当日も若干気になりました)ますが、これは右前肢に砂のぼりを発症しているためとの事でした。





放牧地にて ファスキナーレ2016と



嫁撮影で多少ブレてますが、ビッグレッドファームの鮮やかな芝の緑と相まってお気に入りの1枚。ブログトップ画像に入れている写真です。

ニューデイズドーン(マイネアルナイル2016)でした。




マイネレーヌ2016
ビッグレッドファーム明和見学 2017年8月14日

父 ジャスタウェイ
母 マイネレーヌ
母父 マイネルラヴ
栗東 宮徹厩舎
生産 荒井ファーム
2016年4月10日生



無駄の少ない、薄手の馬体も好み

募集写真での見映えも良かったですし、動画の歩様からは柔らかさと上質のバネ、完歩の大きさが伝わりました。血統面では、ハーツクライ産駒の半姉アンジュデュバンは、現役時に芝の中距離で2勝していますし、活躍馬が並ぶ優秀な母系も魅力。そしてなんといっても昨年度のPOGで偶然指名していた半兄アカラナータ(マンハッタンカフェ産駒)の半妹。兄アカラナータの分まで頑張って欲しいと願っています。

このマイネレーヌ2016は、動かすと本当に良く見せる馬です。

繋ぎの角度も良いですし、ビシッと飛節を伸ばせる馬




「記念に撮って行きますか」という、青木さんの粋な計らいで

手綱を預かり

馬のポーズを決めて、マイネレーヌ2016と記念撮影
馬と触れ合うと疲れなんか吹っ飛びます。
当日はありがとうございました。


訳あって放したファンディーナ。そのファンディーナ以来の隠し玉。このマイネレーヌ2016には、その分の夢をも見せてもらいたいと、大きく期待し2口出資(50分の1)。個人的にこの馬が走らなければ、馬を選ぶ基準が分からなくなると思うほど、期待している女の仔。いい馬です。




放牧地へ放ち

仲間の元へ


素晴らしい競走馬に育ってくれますように