さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ



HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月18日

少し喧嘩を買ってみる~デイムウルスラ16,フリーヴァケイション16~2月16日近況~ウインレーシングクラブ 一口話


ウインレーシングクラブ
出資2歳馬近況


デイムウルスラ2016

牡馬
父 Lemon Drop Kid
母 Dame Ursula
母父 Elusive Quality
栗東 西園正都厩舎
生産 Runnymede Farm Inc.

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「移動後から一気に進めてきていますが、体も減りませんし、精神的にもドシッとしています。それでも、体の造りを見ると、これからまだ馬体重を増やして、大きく変わってきそうなイメージもあります。アメリカ馬らしいパワーがありますし、坂路でも安定感のある動きができていますね。これから成長を見せれば、大物に化けてもおかしくはないと思います。馬体重は459キロです」

デイムウルスラ16 出資時コメントは
外国産馬 デイムウルス2016 (レモンドロップキッド産駒)





フリーヴァケイション2016

牡馬
父 スクリーンヒーロー
母 フリーヴァケイション
母父 Fly So Free
美浦 手塚貴久厩舎
生産 コスモヴューファーム

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「先日の追い切りでは動きの良化が見られ、徐々に素質の片鱗が出てきた印象です。以前はフットワークが大きくても、うまく体を使えていませんでしたが、それが徐々に改善されてきています。まだ見た目には幼さも残りますが、だいぶ芯は入ってきたのでしょう。馬体重は450キロです」

フリーヴァケイション16 出資時コメント 牧場見学記事は
フリーヴァケイション2016 (スクリーンヒーロー産駒)



ウインレーシングクラブ出資馬の中でのトップ2評価馬です。
この外国産馬デイムウルスラ16と、ウインRC入会のきっかけとなったフリーヴァケイション16には、ただ一つ勝ち上がるだけでなく、その後も含めて期待している出資馬です。
惨敗続きの我が3歳世代。友人から連絡をもらいました。
函館の(私の)馬がレースで凡走すれば「未勝利馬がいないのは楽」等、わざわざ更新してくれているというラだかウだかの先輩会員らしい腹の "黒い" 方が遠まわしであってもブログで皮肉を書いているらしいので(だから敢えてランキングに再登録)、現在持っている3歳世代が走らない分を含めて、この2頭にはひっくり返してもらうおうと考えてますから、今は何を書かれようと、凡走続きで笑われようと、どうぞどうぞの気持ちです。今は何一つ言い返せる成績ではありませんから・・

ただ残念なのは、同じ一口をやっているなかで、自分の成績がたとえ優秀であっても・・・
それこそ、たとえ一口の馬主であっても品格というのを大事にしてもらいたいし、馬主という名が付く以上はそういった器になって欲しいんだと切に願っているところです。
勝つ馬・関係者が1いる陰に、涙を呑む競走馬・関係者が何倍いるのか。
たとえ凡走を続けるクラブ馬がいても、出資会員にとっては紛れも無く愛馬なのですから。
そういった原点を忘れることなく、ブログの文面にも気を配って更新していきたいものです。

さて気持ちを切り替えて

一口話
ファンディーナ、クレッシェンドラヴ、ハートオブスワローらを一旦放した反動や、年男という事もあり、2016年産駒は15頭と大きく揃えましたが、血統的背景や現時点での育成状況等も加味すると、デイムウルスラ16とフリーヴァケイション16は、自分のなかで黙って5本の指に入り、その中でも上位評価できる2頭です。その他の3頭は未だ紹介していない"秘密兵器"(牡馬)と、ラフィアンのジャスタクイーン、そして魅力の育成環境込みで先日再入会したシルクホースクラブのスターオブオナー。

本来ならいるはずの出走馬がいない。昨年はそういった寂しい時期でもあり、焦りというのかなんというのか、揃え過ぎた感もあります。一世代で15頭に出資しましたが、現時点で 『そのうち片手に絞れ』 と言われたら、上の5頭に絞れてしまうのですから、やはり早い段階での出資馬選定は難しいものだと肌で感じています。
これまでの出資は当歳~1歳の早い時期という、馴致などの早期育成もがはじまる段階より前での出資が殆どでした。勿論これはドリームオブジェニー2017など、早い時期に決断しなければ即満口になってしまうといった人気募集馬への出資もありますし、ラフィアン(12月中旬)・ウイン(1月末)などのように、比較的早い時期で募集を締め切るクラブもあります。またそうでなくとも、友駿などを例にすると他人の評判を気にすることなく、そういった情報が目に入る前に、自分の評価(勘)で出資したいというこだわりもありました。(これはブログで早い段階で予想を更新しているのと同じような感覚です)

今回ピックアップするのは、スターオブオナーとデイムウルスラの16
理想はまだまだ育成が進み、早い時計を出す時期~入厩目前までの情報を見極めるのが究極の理想なのでしょうが、それでも自分にとっては年が明けての2歳馬への出資はまだ数が少なく、記憶にある前例はシルクオールディー、クラリティシチー、フルトベングラーくらいでしょうか。シルクオールディー、クラリティシチーは走ってくれましたが、フルトベングラーも2戦目での骨折が無ければ、面白い存在になってくれたのではないかと今でも思っています。先日も穴をあけていたサマーサプライズなど、数少ない産駒の中からでも実績を積み上げているサマーバード産駒。一世代のみですが、なんとかサマーバードの血を繋いでいって欲しいとも願っています。
スターオブオナー(ムスタパルタの16)、デイムウルスラの16は、ある程度育成が進んだ中となる2歳1月時点での出資となり、やはり早い時期で出資した馬たちより、中身の濃い情報の量が多く、ある程度計算出来そうだと踏んでの出資になってます。
残口があればという前提ではありますが、やはり理想は育成が進んで・・からの出資。一口で成功している方なら当たり前の事で、つまらない話かと思いますが、改めてそう思うところがあり復習しました。
欲しい欲しい病を治す。
過去に何度も書いていますが、未だ完治せず(笑)
いや、今年は治癒できるよう慎重に進めていかねばと。

2017年産駒
ファンディーナで夢を掴み損ねた分をも託して、ドリームオブジェニー2017 (ハーツクライ産駒) を持てましたので、気持ちにゆとりをもって選定していけると感じています。
既に数クラブでは2017年産駒の募集が始まっており、時間があれば眺めていますが、これなら成長過程をみながら検討したいなと感じている募集馬が2頭ほどいます。昨年なら現時点で出資してしまっているかもなと考えつつ、慎重に慎重に・・という今の自分もいて・・どうなりますことやら(笑)

少し喧嘩を買ってみる~
なんて、本日は騒々しい題名を付け、多少見苦しい文面もあったことをお詫びします。

今年の出資テーマ 我慢坂 といった辺りでしょうか。人生我慢。我慢も大切ですね。
検討~一旦我慢。検討~もう少し我慢というスタンスで。
ありがとうございました。  


2018年02月16日

リバラン16,マイネチリペッパー16,プリティプリンセス16~2月16日近況~ウインレーシングクラブ


ウインレーシングクラブ
出資2歳馬近況


リバラン2016

牡馬
父 ジャスタウェイ
母 リバラン
母父 アグネスタキオン
美浦 畠山吉宏厩舎
生産 ディアレストクラブ

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「調教を進めてきて、多少テンションが上がってきました。さらにはまたカイバも落ちてきましたので、今が疲れのピークなのかもしれません。この後は様子を見て、放牧で休養を入れることを検討します。当初は身のこなしも良く、動けそうな感触はあったのですが、馬体の成長が見られず、現時点では動きも目立ちません。ジャスタウェイ産駒ですから、これから変わってくればいいのですが。馬体重は443キロです」

リバラン16 牧場見学記事はこちらです




マイネチリペッパー2016

牡馬
父 ロージズインメイ
母 マイネチリペッパー
母父 ネオユニヴァース
美浦 金成貴史厩舎
生産 原弘之氏

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「放牧を切り上げ、坂路で乗り出しています。休養を挟んだにも関わらず、テンションは高めですし、今は気持ちが全面に出てきています。坂路でも一気に行ってしまって、制御ができない場面もありますので、うまくコントロールできるようにしてきたいところです。スピードはあり、能力は高そうなので、今後は気性面の成長が課題ですね。馬体重は422キロです」



プリティプリンセス2016

牝馬
父 ワークフォース
母 プリティプリンセス
母父 サンデーサイレンス
栗東 宮本博厩舎
生産 コスモヴューファーム

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「追い切りでは、そこまで速い時計ではないものの、水準以上で安定して動けています。馬体重は401キロとあまり変化はありませんが、芯は入ってきたようで、体力も付いてきました。テンションが上がることもありませんし、あとは数字をもう少し増やせればと思います」



この世代からラフィアン経由で入会した、ウインレーシングクラブでの出資馬5頭のうちのまずは3頭の近況です。ここのところリバラン16の成長が停滞気味なのが心配点ですが、暖かくなる4~5月以降にガラッと変わり身をみせてくれることを期待してます。
マイネチリペッパー16は気性面のみ。プリティプリンセス16は数字は増えてきまませんが、ワークフォース産駒らしく相変わらず馬体を良く見せる馬だなという印象です。
ウインRC出資馬のトップ2評価 デイムウルスラ16、フリーヴァケイション16 近況は改めて更新します。  


2018年02月15日

【WIN or PLACE】 G1予想フェブラリーステークス 関係馬出走レース,狙い馬等~2月17~18日の競馬より


2018年 競馬開催日メニュー
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の単複で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月17~18日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【G1予想】
東京競馬場 日曜
フェブラリーステークス

『ユニコーンステークスは、ダートG1への登竜門』
過去に習った格言です。

ユニコーンステークス過去の主な勝ち馬

シンコウインディ(フェブラリーS 優勝)
タイキシャトル
アグネスデジタル(フェブラリーS 優勝)
カネヒキリ(フェブラリーS 優勝)
ベストウォーリア(フェブラリーS 2着)
ノンコノユメ(フェブラリーS 2着)
ゴールドドリーム(フェブラリーS 優勝)
サンライズノヴァ

今年の出走メンバーも4世代4頭のユニコーンステークス勝ち馬が出走します。

2013 ユニコーンS (曇り:重)
1.36.0 ベストウォーリア (上り 35.0)
11.9-11.7-11.8 (レース上り 35.4)

2013 主なメンバー
(サウンドトゥルー)



2015 ユニコーンS (小雨:稍重)
1.35.9 ノンコノユメ (上り 35.5)
12.1-12.1-12.8 (レース上り 37.0)

2015 主なメンバー
(ノボバカラ、アルタイル、ゴールデンバローズ、マイネルオフィール、アキトクレッセント)



2016 ユニコーンS (曇り:良)
1.35.8 ゴールドドリーム (上り 35.9)
11.8-12.0-12.4 (レース上り 36.2)

2016 主なメンバー
(グレンツェント、ストロングバローズ、マイネルバサラ、イーグルフェザー、クインズサターン)



2017 ユニコーンS (雨:良)
1.35.9 サンライズノヴァ (上がり 35.4)
12.7-12.1-11.9 (レース上り 36.7)

2017 主なメンバー
(サンライズソア、リエノテソーロ、アンティノウス、ラユロット)


今年出走するユニコーンS勝ち馬の当時の成績をピックアップしてみましたが、馬場状態に問われず、走破時計がほぼ同じという点に注目しました。3歳馬が同レースが行われる6月の時点で出せる限界の時計なのでしょうか。尚、昨年は良馬場発表ですが、調べたら前のレース(10レース)時点で、天候が雨に変更になっており、およそ1時間ほど降っているわけですから、稍重に近い良馬場と考えて良いかと思います。

今年のフェブラリーステークスも勿論、ダートG1の登竜門を勝った馬から指名することになり、G1考察により本命馬を割り出しますが、この拮抗した時計の中から、勝負根性・底力を比較(詳細は企業秘密(笑))し、指名するのは◎ゴールドドリームです。派手な勝ち方にはならないかもしれませんが、ゴール前できっちり前に出る。そういった底力と勝負根性をみせてくれるはずです。



2000年 ユニコーンS 優勝
2002年 フェブラリーS 優勝
アグネスデジタル

2015年8月 ビッグレッドファーム明和にて

そのアグネスデジタルを叔父に持つ
ウインレーシングクラブでの出資馬
外国産馬 デイムウルスラ2016 (レモンドロップキッド産駒)

育成されているコスモヴューファームで騎乗しているスタッフからも、「アグネスデジタルの再来」と、話題になっているそうで、楽しみにしている1頭です。(会報誌:アワー・プレジャーより)



【管理人の狙い馬】
東京競馬場 日曜
フェブラリーステークス
ゴールドドリーム
考察はG1予想を参照



東京競馬場 日曜
ヒヤシンスステークス
ダンケシェーン

まずは 先週のイダペガサスの考察も参照ください。

イダペガサス・ダンケシェーンの新馬戦は、走破時計云々でなく、とにかく終いの加速ラップがハイレベルで注目していた2頭で、ともに順当ともいえる2勝目を挙げています。正直、前走はもう少し楽に勝てるかと睨んでいましたが、その前走で今回と同舞台となる1ハロン延長にも対応出来ましたし、先を見据えての控える競馬にも上手に対応。今回は短~中距離路線から骨っぽい相手が揃った印象で比較がしづらいが故に3頭に絞り切れず、参考レースにはしませんが、デビュー戦でみせた11.7-11.3の優秀な加速ラップを刻んだ能力を評価し、ここまでイダペガサス・ダンケシェーンの能力比較のパズルを積み重ねてきたので、ここも昆貢厩舎・横山典弘騎手・ヘニーヒューズ産駒のダンケシェーンの能力を信じて狙ってみます。

相手に面白そうで、渋いメイショウボーラー産駒のメイショウオーパスを1頭取りあげます。
ガラッと変わった昨年10月の未勝利戦(ダート1400m)では、中団追走から持ったままで差しきる大楽勝。前走の寒椿賞でもミスターメロディーを交わす際、鞍上の幸英明騎手が後ろを振り返る余裕をみせてのレコード勝ちと、不気味で怖い存在です。

このヒヤシンスSには、米国3冠競走(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス)へ登録した3頭(コパノキッキング、ルッジェーロ、ワークアンドラブ)のうち2頭が出走しますが、この3頭のなかでは個人的に現時点では、今回残念ながら除外となったコパノキッキングに魅力を感じています。



【参考レース】
東京競馬場 土曜
10レース 白嶺ステークス
ダート1600m
◎イーグルフェザー
〇エニグマ
▲ハルクンノテソーロ
☆ナムラミラクル

前のブログでやった三峰山特別本命馬イーグルフェザー。今回も鞍上田辺裕信騎手で狙ってみたい一鞍。本来なら能力上位レッドオルバースが△評価で入るところですが、今回は実績のない休み明け(3ヶ月振り)という事で、一発指名のナムラミラクルを入れての相手3頭。
今週は予想としては、管理人の好きなコース・東京ダート1600m戦から3鞍となりました。枠順発表前ではありますが、今日は大安吉日。更新できるうちに。




【関係馬出走レース】
京都競馬場 土曜
2レース 3歳未勝利
ダート1800m
アンシャンテシチー

中1週での2戦目。今回の鞍上は幸英明騎手。デビュー戦のレース直後はケロッとしていたというくらいですから、今回は集中して走ってもらい、せめて掲示板くらいには頑張って欲しいところです。

アンシャンテシチー
2016年5月 田端牧場にて
今回は幸英明騎手に "闘魂注入" してもらいます。

アンシャンテシチー 田端牧場見学写真はこちらです



東京競馬場 日曜
6レース 4歳以上500万条件
芝2400m
ヴァンベールシチー

母ケープタウンシチーの初仔となるステイゴールド産駒。ハートランドシチー(ケープタウンシチー15:父ハーツクライ)、ケープタウンシチー16(父オルフェーヴル)には出資しています。

ケープタウンシチーの15 (2016年5月)


ケープタウンシチーの16 (2017年8月)
幌村牧場にて




京都競馬場 日曜
6レース 3歳500万条件
ダート1400m
ディライトプロミス

中央競馬で登録されているレモンドロップキッド産駒は、先に触れた出資馬デイムウルスラ2016を含めて18頭のみ。直近では1月14日の古馬1000万クラスをソレイユドパリが勝ち上がっています。国内では数少ない父の産駒ですから、どういった競馬をするのか注目してみたいと思います。


小倉競馬場 日曜
7レース 4歳以上500万条件
芝1200m
アマルティア

幾千世牧場生産~ターファイトクラブ所属のエスポワールシチーの半妹(父アドマイヤムーン)。


東京競馬場 日曜
ヒヤシンスステークス
ダート1600m
ダークリパルサー

友駿のエスポワールシチー、プレジールシチー、ターファイトクラブのアマルティアらの半弟となる、幾千世牧場生産のハードスパン産駒。頑張って欲しいと思います。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 23:39【WIN or PLACE】競馬コラム

2018年02月13日

ハートランドシチー,アンシャンテシチー他 友駿ホースクラブ愛馬会 出資3歳馬近況~2月13日


友駿ホースクラブ愛馬会
出資3歳馬近況


ハートランドシチー
(ケープタウンシチー2015)

牡馬
父 ハーツクライ
母 ケープタウンシチー
母父 シンボリクリスエス
栗東 高橋義忠厩舎
生産 幌村牧場

次走に向けて調教を進めていましたが、一旦放牧に出ることになりました。
高橋師は「トレセンで様子を見ながら稽古を行っていましたが、以前宇治田原優駿ステーブルで見られた、テンションの高いところが出てしまいました。おそらく苦しくなってきたことでうるさいところを出したものと思います。このまま進めることも出来ますがゲート入りを嫌がったり、今後競馬に支障が出てしまうことも考えられますので、ここで一息入れてガス抜きをしてあげたいと思います。まだ幼い面も残っており、奥手のタイプのようなところもありますので、今は無理をしないほうが良さそうです」と話しています。

出されましたが、どこか痛めたわけでなく気性面でのもの。この放牧を挟んで成長をみせてくれれば。
ケープタウンシチー15 幌村牧場見学写真はこちらです



アンシャンテシチー
(ワンダフルドーラ2015)

牡馬
父 ゴールドアリュール
母 ワンダフルドーラ
母父 More Than Ready
栗東 羽月友彦厩舎
生産 田端牧場

今週の出走を予定していますが、最終的には追い切りの動きと想定の状況を見て決めます。
羽月師は「先週一杯様子を見ていましたが、特にレースの反動はありません。それどころかレース直後はケロっとしており、普通なら少し疲労が見られますが全然ありませんでした。まだ力を出し切っておらず、余裕で走っていたようです。ゴールドアリュール産駒にしては大人しく、もう少し闘争心を出して欲しいところです。しかし一度実戦を経験したので変わってくると思います。稽古でも気合を付けて行いたいと思います」と話しています。

アンシャンテシチーはそういった面で頼もしいというかなんというか。レース後にケロッとしているという面は、シルクオールディーにもみられた部分。心肺機能が優れているのでしょうか。上積みを期待したいところです。
ワンダフルドーラ15 田端牧場見学写真はこちらです


メテオラシチー
(リズミカルステップ2015)

牡馬
父 トーセンホマレボシ
母 リズミカルステップ
母父 キングヘイロー
栗東 佐々木晶三厩舎
生産 千代田牧場

名張のヒイラギステーブルで調整しています。
場長は「先週はフラットワークで体を解した後、300m周回コースに入れて10週ほど軽めのハッキングキャンターで乗り込んでいました。だいぶ硬さは取れてきたように感じますが、まだ動きに良化の余地を残しているので、もうしばらく周回コースで稽古を行いたいと思います。今後動きがスムーズになってきたら、坂路コースに入れて仕上げていきたいと思います」と話しています



ハッピーメモリアル
(スタミナスピード2015)

牝馬
父 エスポワールシチー
母 スタミナスピード
母父 アジュディケーティング
美浦 和田雄二厩舎
生産 カタオカファーム

今週の出走を予定していますが、最終的には追い切りの動きと想定の状況を見て決めます。
和田師は「先週の新馬戦は権利持ちを含めて40数頭の投票でした。かなりの確率で権利を取ることは厳しい状況で、今週もダート1400m戦に投票しますが何とも言えません。もしそこで除外されるようなら、中山の2週目にダート1800m戦があるので、そこまで待ちたいと思います。距離もある程度あったほうが良さそうなので、東京で使えない場合はそちらに回ります。その分稽古もしっかりと付けられるので好都合です」と話しています。

先週ははっきり追い足りない状態で投票~除外。今週のコメントから距離があった方が良い(スピードが足りないの意味を含む)という感触なら、入ったとしても1400mは厳しいのではないのでしょうか。ラディアントシチー、ハートランドシチーの初戦時や、ハッピーメモリアルの今回の流れをみると、やはりクラブ側からのプレッシャーでしょうか。馬の適性を殺してまでも新馬戦に拘らず、例え未勝利戦でも、想定をみて適鞍に出走させてくれた方が出資している側としては納得なのですが。コメントにある "好都合" という部分を大事に進めて欲しいと思ってます。


プレジールシチー
(エミネントシチー2011)

牡馬
父 ゴールドアリュール
母 エミネントシチー
母父 ブライアンズタイム
美浦 田村康仁厩舎
生産 幾千世牧場

先週の東京障害戦は、スタート後中団に付けて追走していきますが、徐々に先団へと上がっていき、正面スタンド前では好位に付けて飛越をこなしていきます。後半もそのままのポジションをキープして進めていくと、勝負どころでは先行馬を捉えにいき、直線で抜け出しにかかりましたが、ゴール前で失速してしまい8着となりました。
田村師は「今回は休み明けで最後の踏ん張りが効きませんでしたが、飛越がとても上手く乗り役も成長したと話していました。初めてのオープン戦としては上出来です。今後息も入るようになれば上位争いが出来ると思います。次走については番組を見て決めます」と話しています。

エミネントシチー11 幾千世牧場見学写真はこちらです  


2018年02月12日

スターオブオナー (ムスタパルタの16) 満口~シルクホースクラブ募集馬


シルクホースクラブ
出資馬近況


スターオブオナー
(ムスタパルタ2016)

牡馬
父 トーセンホマレボシ
母 ムスタパルタ
母父 Tapit
美浦 宗像義忠厩舎
生産 ノーザンファーム
2016年2月9日生

ノーザンファーム空港在厩にて、週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整。
担当者コメント
「この中間も一日置きに坂路調教を行い、体力強化に努めています。以前よりもトモに力強さが出てきており、全身を使った走りができるようになってきました。それに伴い、手応えにも余裕が出てきましたよ。やや硬さのあった動きも馬体の成長とともに、柔らか味が出てきました。馬体に関しては体高が伸びてバランスが良くなっており、成長力を感じさせます。脚元はスッキリしていますし、飼い食いは良く毛艶もピカピカで体調の良さが窺えます。調教に対して前向きに取り組みますし、ここまで進めてきてもイライラすることがなく、馬体重も順調に増えていますので、これから更に負荷を強めていきたいと思います」馬体重471kg
(2月1日更新近況)


本日シルクホースクラブ募集馬のムスタパルタの16 満口のメールが届きました。馬自身も残口のある牡馬では良いですし、昨日のメイクデビュー東京(ダート1600m)で、キャロットクラブのトーセンホマレボシ産駒 ヴェスティード (高柳瑞樹厩舎:母アドマイヤドレス:BMSスピニングワールド)が、7馬身差で圧勝したのも出資意欲を後押ししたのではないかと思います。番手をがっちりキープし、終いも上がり最速という強い競馬内容だったと思います。

主な産駒

母の父 Tapit

キングカヌヌ(石坂正厩舎:父キングカメハメハ:母スターダムバウンド)ダート1900m2勝

エイプリルミスト(手塚貴久厩舎:父ディープインパクト:母スターダムバウンド)芝2勝

グレンマクナス(藤岡健一厩舎:父ディープインパクト:母ララア)芝1勝

サラス(西村真幸厩舎:父オルフェーヴル:母ララア)芝1勝

アルーシャ(藤沢和雄厩舎:父ディープインパクト:母ザズー)芝1勝
クイーンカップ出走



父 トーセンホマレボシ

ミッキースワロー(菊沢隆徳厩舎:BMS ジャングルポケット)芝3勝

スターストラック(栗田博憲厩舎:BMS シンボリクリスエス)ダート3勝

ナムラムラサキ(岩戸孝樹厩舎:BMS チーフベアハート)芝2勝
テレビ山梨杯出走

ナムラカブト(中村均厩舎:BMS フジキセキ)ダート1勝


スターオブオナー

2017年11月17日撮影~12月1日更新写真

この昨年暮れに更新された写真を見てオッと感じ、正月休暇で自宅に戻った際に入会書類を揃えました。ダート寄りかもしれませんが、まずはしっかり勝ち上がれる競走馬に育って欲しいと思います。
スターオブオナー 出資 ご一緒の皆様宜しくお願いいたします。

そうこう書いているうちに、シルクホースクラブのイストワールファム(父ローエングリン:母ヒストリックレディ)が、テレビ山梨杯を完勝しました。おめでとうございます。クラブに勢いがあるのも魅力ですね。

スターオブオナー出資紹介時の記事はこちらです
この馬で~シルクホースクラブ入会~2016年産駒出資馬紹介

※当ブログ函館レーシングクラブ 一口馬主 は、シルクホースクラブ様より写真・情報等の転載許可を頂戴しております。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 14:41【シルクホースクラブ】ムスタパルタ2016

2018年02月11日

ドリームオブジェニー2017 (ハーツクライ産駒) ~ターファイトクラブ


ターファイトクラブ
出資馬紹介


ドリームオブジェニー2017

牡馬
父 ハーツクライ
母 ドリームオブジェニー
母父 Pivotal
栗東 高野友和厩舎
生産 谷川牧場
2017年3月24日生

あの馬

ファンディーナ

このブログを読んで下さっている方には事情は伝わっているかと思いますが、それまで封印してきていたディープインパクト産駒への初出資となった馬。
訳あってデビュー前の2016年夏に権利放棄して一度退会していました。その後、嫁の体調が戻り、検査の結果最悪の事態は避けられ、その後、他クラブを中心に一口を再開しました。
偶然でした。2017年10月の末頃に、なんとなく覗きに行ったターファイトクラブのHP。募集されていることも知らなかったので、残口僅かという表示に少し焦りましたが、カタログ請求をする間もなく、即ネットから申し込みました。
この血統。ファンディーナに対する想いは、前のブログを参照して頂くとして、時期的に自分へのご褒美として、クラブへ連絡し誕生日(11月9日)の登録で手続きをさせてもらいました。嬉しかったですね。またこの血統を持てることが。

ジャパンカップ回顧の記事で前振りしたように、ジャパンカップを優勝した栗毛のハーツクライ産駒 シュヴァルグランや、ダービー2着馬 スワーヴリチャードよろしく栗毛のハーツクライ産駒。
この血統ですから馬云々を言うつもりはありません。
ターファイトクラブの動画で、谷川代表が 「ファンディーナで獲れなかった皐月賞、クラシックをなんとかこの牡馬で」
その言葉だけで私は充分。
勿論、簡単な事でないというのも百も承知。縁があって、もう一度この血統を持てたことが嬉しいんです。
手続き完了後に、カタログも無いことに気付き、カタログはだいぶ後になってしまったという、笑い話もありますが、出張先への初回分郵送許可等、クラブの方も覚えてくれていたようです。

2017年11月更新写真 いい眼をしてます

母 ドリームオブジェニーと



(2018年1月更新写真)

引き続き谷川牧場第二分場で昼夜放牧されており、12月下旬には牡牝のグループ分けが行われた。1月中旬現在、牡馬14頭のグループで放牧されている。
牧場スタッフコメント
「新しい仲間たちが加わり、男馬14頭で放牧をしていますが、この仔は他の馬を近寄らせないオーラがあるのか、群れることなくマイペースに過ごしています。馬体重は、この時期に350キロあれば身体は充分大きい方ですが、本馬は1月中旬現在、367キロあります。食欲旺盛で飼葉は残さず食べますし、順調に成長していますよ」
(1月近況)


(2月更新写真)

一口馬主再開後、今年は年男という事もあり、16年産駒で勝負を賭け頭数を揃えましたが、2017年産駒はこのドリームオブジェニーの17を持てたので、じっくり構えられそうです。
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 11:56【ターファイトクラブ】ドリームオブジェニー2017

2018年02月11日

ノルマンディーオーナーズクラブ新規入会出資馬 テメリアイランド2016(ハーツクライ産駒)


ノルマンディーオーナーズクラブ
出資2歳馬紹介


テメリアイランド2016

牝馬
父 ハーツクライ
母 テメリアイランド
母父 Montjeu
栗東 河内洋厩舎
生産 前川勝春氏
2016年4月13日生

ノルマンディーオーナーズクラブ2次募集馬から、栗毛のハーツクライ産駒牝馬 テメリアイランドの16で入会しました。
ノルマンディーオーナーズクラブには1次募集でも、昆貢厩舎入厩予定のマンハッタンカフェ産駒 カグラの16で新規申し込みをしていましたが、抽選時の口数変更(2口⇒1口)の場合はキャンセルという部分にチェックを入れたため出資出来ませんでした。
今回も募集開始時には、全姉となる藤沢和雄厩舎所属のハーツクライ産駒の牝馬 シャドウアイランドが、デビュー戦から3着・2着と好走していたので、抽選になるかと思い口数変更の部分にはチェックを入れずに申し込みましたが、無事に希望口数(2口)での出資が決まりました。
動画での印象は普通かなといった印象ではありましたが、いずれにしてもまだ育成のはじまる前の段階でしたから、緩さは解消してくるものと思われます。決め手は "栗毛のハーツクライ産駒" と、母の父にモンジューが入る血統。活躍した栗毛のハーツクライ産駒の牝馬といえば、ヌーヴォレコルト、キョウワジャンヌ等。

その全姉シャドウアイランドが、3戦目となった1月27日の東京芝1800m牝馬限定未勝利戦にて勝ち上がっています。馬なりのまま好位追走から直線に入り、残り400m過ぎで追い出されると、最後までしっかりと脚を使い後続を完封するという、競馬のお手本のようなレース内容だったと思います。


2018年1月31日更新写真

オカダスタッド在厩。
夜間放牧と並行しながらウォーキングマシン1時間のメニューで調整。
担当者コメント
「馴致の最終段階として丸馬場での乗り慣らしまで進めていましたが、この中間放牧中に左前膝を外傷したため、一旦舎飼にとどめて様子を見ていました。腫れもひき歩様も問題ないためマシン運動を再開していますが、やや間隔が空いたため、来月(2月)から馴致のおさらいをしたのち坂路コースへ入れたいと考えています」
(1月31日近況)

1月時点では本格的に乗られていない分、まだまだ緩さが目立ちますが、今後乗り込まれての変わり身に期待です。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 11:14【ノルマンディーOC】テメリアイランド2016

2018年02月11日

マイネチリペッパー2016,プリティプリンセス2016~ウインレーシングクラブ


ウインレーシングクラブ
出資2歳馬紹介


マイネチリペッパー2016

牡馬
父 ロージズインメイ
母 マイネチリペッパー
母父 ネオユニヴァース
美浦 金成貴史厩舎
生産 原弘之氏
2016年3月12日生

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本に加え、ゲート練習を消化しています。
担当者コメント
「坂路で軽い追い切りを行ったところ、最後までバテずに、むしろ後半にグイッと伸びてきました。追い出してからもバランスを崩さず、良い走りができていますし、体力も備わっています。母が気性難だったので、精神面には気を付けていますが、父に似れば性格は悪くならないでしょう。今でもしっかりと動けていますが、体はこれからもっと増えてくるでしょうし、いい成長を見せてくれれば、大物に化けてもおかしくはないと思います」 馬体重446kg 体高155cm
(2017年12月15日近況)

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者コメント
「休養前の追い切りでは、スタートからスッとスピードに乗れて、最後もバテない脚を見せていました。だいぶ気持ちが入るようになってきましたし、速いスピードの乗りからも、現状では短いところが向きそうな感じもありますが、折り合いがつけば距離をこなしてもいいはずです。ロージズインメイ産駒で成長力もあるでしょうし、現時点でこれだけ動けるなら、かなり楽しみです」
(2018年1月19日近況)


募集カタログの写真

2017年のサマーセール取引馬。ラフィアンに入会した時から、いずれはビッグレッドファームで購入した種牡馬アイルハヴアナザー、ロージズインメイの産駒を持ちたいと思っていましたが、二次募集で出たマイネチリペッパーの16に出資。
父ロージズインメイの代表産駒ドリームバレンチノや、その全弟でクラブの先輩ウインムート同様に、渋い活躍を期待します。


父 ロージズインメイ 2017年3月 ビッグレッドファーム明和




プリティプリンセス2016

牝馬
父 ワークフォース
母 プリティプリンセス
母父 サンデーサイレンス
栗東 宮本博厩舎
生産 コスモヴューファーム
2016年4月27日生

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。
担当者コメント
「坂路で3F47秒台前半を楽に出せたように、動きの良さが目立ちます。まだパワーや体力不足なところがありながら、これだけしっかり動けるのですから、体が成長して力が付いてきたときには動きがさらに良くなるはずです。ワークフォースの産駒とは思えないバネの効いた走りができ、性格が良く、安定感もありますので面白い一頭です」 馬体重410kg 体高155cm
(2017年12月15日近況)

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者コメント
「今は昼夜放牧で休養させていますが、来週からは再び坂路で乗っていく予定です。休養前は疲れからかテンションが高くなっていましたが、今はリラックスしていますし、いいリフレッシュになっていると思います。決して大柄ではないものの、パワーがあり、力の要る坂路でもしっかりとした動きができます。乗っていて安定感がありますし、柔らかい動きをするので、楽しみはありますよ。あとは馬体がもうひと回り成長してくれれば、さらに楽しみですね」
(2018年1月19日近況)


出資時(2017年9月)写真

こちらはクラブHPにて9月15日更新の写真です。DVDでの歩様は普通といった評価でしたが、鞆の付く角度と、繋ぎの角度が特に気に入った部分で、全体のシルエットも募集開始当時より、個人的に好みの "良いかたち" に順調に成長してきてます。
他クラブの募集馬を含めても、ワークフォース産駒は馬体を良く見せる産駒が多いように感じていますが、この馬もそのうちの1頭。当時で400kg程度と他馬に比べ小さめですが、個人的にはあまりこだわる部分ではありません。
兄姉馬に活躍馬は出ていませんが、叔父にデュランダル~母はデュランダル、サイキョウサンデー、マルカサワヤカらの全妹にあたる良血馬。ワークフォース産駒の牝馬といえば、クィーンズベストやゴールドケープなど、牝馬の活躍が目立ちますし、特に昨春の桜花賞戦線で活躍したゴールドケープは母父にデュランダル。あまり大きくない部分も含めて、通ずる部分があるのではないかと感じています。
個人的に初となる "母父サンデーサイレンス" ですから、活躍してほしいと思ってます。


立ち姿がいい馬です。
(2017年10月更新写真)



在りし日のデュランダル

2011年10月 場所は忘れました・・

ウインレーシングクラブ出資馬記事

デイムウルスラ2016 (レモンドロップキッド産駒)

フリーヴァケイション2016 (スクリーンヒーロー産駒)

リバラン2016 (ジャスタウェイ産駒)


  


2018年02月11日

【WIN or PLACE】 関係馬出走レース,狙い馬等~2月12日の競馬より


2018年 競馬開催日メニュー
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の複勝で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月12日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【管理人の狙い馬】
東京競馬場 月曜
6レース 3歳500万条件
ダート1600m
イダペガサス

デビュー戦と前走で紹介したローレルクラブ所属のダンケシェーン。前走の考察は

デビュー戦でも取りあげた1頭。そのデビュー戦の時計自体は目立ったものではありませんが、終い2ハロン11.7-11.3という加速ラップを、先行して粘り通しての同タイムクビ差2着と好内容。
勝ち上がった2戦目では時計をしっかり詰めていますし、胴が長目の馬体からも今回の1ハロン延長にも対応可能とみました。
昆貢厩舎の関東遠征で、鞍上は "名手" 横山典弘騎手。この人気なら狙ってみたい1頭です。

デビュー戦で、そのダンケシェーンを差しきったのが、今回狙ってみたいゴールドアリュール産駒のイダペガサス。中間に熱発があったようですが、力通りならここでも好勝負になるはずです。




東京競馬場 月曜
11レース クイーンカップ
芝1600m
マウレア

勝ち鞍に派手な時計はありませんが、前走阪神ジュベナイルFでは、ラッキーライラック、リリーノーブルから0.2秒差。それもリリーノーブルの後ろのスポットに入ってしまったかたちで、スムーズだったらという競馬内容でした。魅力的なメンバーが揃った一戦ですが、G1 3着の実績を持つマウレアに期待します。
血統的に注目しているのが、ディープインパクト産駒で母父タピットのアルーシャ。
この馬で~シルクホースクラブ入会~2016年産駒出資馬紹介 で紹介した、ムスタパルタの16(父トーセンホマレボシ)も母父にタピットが入る血統で、トーセンホマレボシはディープインパクト産駒。




【参考レース】
東京競馬場 月曜
6レース 3歳500万条件
ダート1600m
◎イダペガサス
〇マリームーン
▲エピックアン
☆マイネルユキツバキ
考察は狙い馬参照



東京競馬場 月曜
11レース クイーンカップ
芝1600m
◎マウレア
〇ツヅミモン
▲テトラドラクマ
☆アルーシャ
考察は狙い馬参照



【関係馬出走レース】
東京競馬場 月曜
8レース 障害オープン
春麗ジャンプステークス
プレジールシチー

友駿での持ち馬プレジールシチーが出走します。ご存知エスポワールシチーの全弟です。休養明けとなりますが、怪我せず無事にまわってくれれば。
先日、プレジールシチーの当歳時の写真を更新しました。
プレジールシチー(エミネントシチー2011)


東京競馬場 月曜
12レース 4歳上1000万条件
ダート1600m
リヴェルディ

昨年末に引退したマイネルデインティの半兄となるスマートファルコン産駒。なかなかの勝負根性の持ち主で、実績のある東京コース替わりは条件が好転しそうです。

ブログ移転に伴い、この後は順次 出資馬を紹介します。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 09:19【WIN or PLACE】競馬コラム

2018年02月10日

【WIN or PLACE】 関係馬出走レース,狙い馬等~2月11日の競馬より


2018年 競馬開催日メニュー
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の複勝で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月11日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【管理人の狙い馬】
該当なし
(月曜の競馬から1頭紹介予定)




馬場状態が悪くなりそうですので、日曜のレースも一段下げて注目馬として紹介します。
【注目馬】
東京競馬場 日曜
10レース バレンタインS
ダート1400m
スピーディクール

前走の仲冬ステークスは狙い通り。前走を見る限り、距離に関しては短縮となる今回の方が合っていそうで、あとはオープンでの相手関係。名手 "横山典弘騎手" が、続けて手綱をとるサウスヴィグラス産駒。相手大幅強化の今回が正念場。


東京競馬場 日曜
11レース 共同通信杯
芝1800m
ステイフーリッシュ

前走のホープフルステークスで狙ったステイゴールド産駒。先着されたのは京都2歳Sでグレイルとタイム差なしのタイムフライヤーと、デイリー杯2歳S勝ち馬ジャンダルムですが、ゴール前はステイフーリッシュの脚色が優勢にみえました。残り少ないステイゴールド産駒。頑張って欲しいと思います。相手上位はそのグレイルと、百日草特別ではナスノシンフォニー、ディロスに先着しているゴーフォザサミットのハーツクライ産駒2頭。昨年はハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが完勝したレース。


京都競馬場 日曜
5レース 3歳未勝利戦
芝1600m
ルナステラ

スワーヴリチャード、バンドワゴンの半妹となるディープインパクト産駒。前走3着とはいえ、目を見張る末脚を披露していました。馬場に対応出来れば当然最有力です。


京都競馬場 日曜
11レース 京都記念
芝2200m
レイデオロ

考察は前のブログのジャパンカップ考察を参考ジャパンカップ考察

ダービーを勝った後も、ダービー馬として恥ずかしくない競馬が出来る馬でダービーを獲りたい

管理する藤沢和雄調教師が、以前競馬雑誌のインタビューで答えていた言葉。強い内容を期待します。一発は前にいるクリンチャー、クロコスミア。




【参考レース】
該当なし
(月曜の競馬で1鞍紹介予定)




【関係馬出走レース】
京都競馬場 日曜
3レース 3歳未勝利戦
ダート1400m
ペイシャキャサリン

友駿で出資している母プラセンティアの5番仔16年産駒(父エスポワールシチー)の半姉となるスマートファルコン産駒。中央初勝利後に地方に移籍し、活躍しているレイディルアレナ(カネヒキリ)や、このペイシャキャサリンの全兄となるデザートトリップなどがいる血統。


京都競馬場 日曜
4レース 3歳500万条件
ダート1800m
ツーエムアリエス

母プラリネ(父アドマイヤムーン)の初仔となるヴァーミリアン産駒。半弟となるプラリネの16(グランプリボス産駒)がウインレーシングクラブで募集されていました。前走は後続を引き離しましたが、今回は手塚貴久厩舎の外国産馬バトルマイスター、キングカメハメハ産駒のグレートタイムや、サクラアリュールなど相手が強そうな印象です。


東京競馬場 日曜
6レース 4歳以上500万
ダート2100m
ジャコバイティズム

先週のアンシャンテシチーの新馬戦に出走していたヒロノライデン(父カネヒキリ)の半兄、シルクオールディーの半弟となるハーツクライ産駒。


シルクオールディー
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 22:25【WIN or PLACE】競馬コラム