さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ 一口馬主 › 2018年02月13日

HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月13日

ハートランドシチー,アンシャンテシチー他 友駿ホースクラブ愛馬会 出資3歳馬近況~2月13日


友駿ホースクラブ愛馬会
出資3歳馬近況


ハートランドシチー
(ケープタウンシチー2015)

牡馬
父 ハーツクライ
母 ケープタウンシチー
母父 シンボリクリスエス
栗東 高橋義忠厩舎
生産 幌村牧場

次走に向けて調教を進めていましたが、一旦放牧に出ることになりました。
高橋師は「トレセンで様子を見ながら稽古を行っていましたが、以前宇治田原優駿ステーブルで見られた、テンションの高いところが出てしまいました。おそらく苦しくなってきたことでうるさいところを出したものと思います。このまま進めることも出来ますがゲート入りを嫌がったり、今後競馬に支障が出てしまうことも考えられますので、ここで一息入れてガス抜きをしてあげたいと思います。まだ幼い面も残っており、奥手のタイプのようなところもありますので、今は無理をしないほうが良さそうです」と話しています。

出されましたが、どこか痛めたわけでなく気性面でのもの。この放牧を挟んで成長をみせてくれれば。
ケープタウンシチー15 幌村牧場見学写真はこちらです



アンシャンテシチー
(ワンダフルドーラ2015)

牡馬
父 ゴールドアリュール
母 ワンダフルドーラ
母父 More Than Ready
栗東 羽月友彦厩舎
生産 田端牧場

今週の出走を予定していますが、最終的には追い切りの動きと想定の状況を見て決めます。
羽月師は「先週一杯様子を見ていましたが、特にレースの反動はありません。それどころかレース直後はケロっとしており、普通なら少し疲労が見られますが全然ありませんでした。まだ力を出し切っておらず、余裕で走っていたようです。ゴールドアリュール産駒にしては大人しく、もう少し闘争心を出して欲しいところです。しかし一度実戦を経験したので変わってくると思います。稽古でも気合を付けて行いたいと思います」と話しています。

アンシャンテシチーはそういった面で頼もしいというかなんというか。レース後にケロッとしているという面は、シルクオールディーにもみられた部分。心肺機能が優れているのでしょうか。上積みを期待したいところです。
ワンダフルドーラ15 田端牧場見学写真はこちらです


メテオラシチー
(リズミカルステップ2015)

牡馬
父 トーセンホマレボシ
母 リズミカルステップ
母父 キングヘイロー
栗東 佐々木晶三厩舎
生産 千代田牧場

名張のヒイラギステーブルで調整しています。
場長は「先週はフラットワークで体を解した後、300m周回コースに入れて10週ほど軽めのハッキングキャンターで乗り込んでいました。だいぶ硬さは取れてきたように感じますが、まだ動きに良化の余地を残しているので、もうしばらく周回コースで稽古を行いたいと思います。今後動きがスムーズになってきたら、坂路コースに入れて仕上げていきたいと思います」と話しています



ハッピーメモリアル
(スタミナスピード2015)

牝馬
父 エスポワールシチー
母 スタミナスピード
母父 アジュディケーティング
美浦 和田雄二厩舎
生産 カタオカファーム

今週の出走を予定していますが、最終的には追い切りの動きと想定の状況を見て決めます。
和田師は「先週の新馬戦は権利持ちを含めて40数頭の投票でした。かなりの確率で権利を取ることは厳しい状況で、今週もダート1400m戦に投票しますが何とも言えません。もしそこで除外されるようなら、中山の2週目にダート1800m戦があるので、そこまで待ちたいと思います。距離もある程度あったほうが良さそうなので、東京で使えない場合はそちらに回ります。その分稽古もしっかりと付けられるので好都合です」と話しています。

先週ははっきり追い足りない状態で投票~除外。今週のコメントから距離があった方が良い(スピードが足りないの意味を含む)という感触なら、入ったとしても1400mは厳しいのではないのでしょうか。ラディアントシチー、ハートランドシチーの初戦時や、ハッピーメモリアルの今回の流れをみると、やはりクラブ側からのプレッシャーでしょうか。馬の適性を殺してまでも新馬戦に拘らず、例え未勝利戦でも、想定をみて適鞍に出走させてくれた方が出資している側としては納得なのですが。コメントにある "好都合" という部分を大事に進めて欲しいと思ってます。


プレジールシチー
(エミネントシチー2011)

牡馬
父 ゴールドアリュール
母 エミネントシチー
母父 ブライアンズタイム
美浦 田村康仁厩舎
生産 幾千世牧場

先週の東京障害戦は、スタート後中団に付けて追走していきますが、徐々に先団へと上がっていき、正面スタンド前では好位に付けて飛越をこなしていきます。後半もそのままのポジションをキープして進めていくと、勝負どころでは先行馬を捉えにいき、直線で抜け出しにかかりましたが、ゴール前で失速してしまい8着となりました。
田村師は「今回は休み明けで最後の踏ん張りが効きませんでしたが、飛越がとても上手く乗り役も成長したと話していました。初めてのオープン戦としては上出来です。今後息も入るようになれば上位争いが出来ると思います。次走については番組を見て決めます」と話しています。

エミネントシチー11 幾千世牧場見学写真はこちらです