さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ 一口馬主 › 2018年02月11日

HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月11日

ドリームオブジェニー2017 (ハーツクライ産駒) ~ターファイトクラブ


ターファイトクラブ
出資馬紹介


ドリームオブジェニー2017

牡馬
父 ハーツクライ
母 ドリームオブジェニー
母父 Pivotal
栗東 高野友和厩舎
生産 谷川牧場
2017年3月24日生

あの馬

ファンディーナ

このブログを読んで下さっている方には事情は伝わっているかと思いますが、それまで封印してきていたディープインパクト産駒への初出資となった馬。
訳あってデビュー前の2016年夏に権利放棄して一度退会していました。その後、嫁の体調が戻り、検査の結果最悪の事態は避けられ、その後、他クラブを中心に一口を再開しました。
偶然でした。2017年10月の末頃に、なんとなく覗きに行ったターファイトクラブのHP。募集されていることも知らなかったので、残口僅かという表示に少し焦りましたが、カタログ請求をする間もなく、即ネットから申し込みました。
この血統。ファンディーナに対する想いは、前のブログを参照して頂くとして、時期的に自分へのご褒美として、クラブへ連絡し誕生日(11月9日)の登録で手続きをさせてもらいました。嬉しかったですね。またこの血統を持てることが。

ジャパンカップ回顧の記事で前振りしたように、ジャパンカップを優勝した栗毛のハーツクライ産駒 シュヴァルグランや、ダービー2着馬 スワーヴリチャードよろしく栗毛のハーツクライ産駒。
この血統ですから馬云々を言うつもりはありません。
ターファイトクラブの動画で、谷川代表が 「ファンディーナで獲れなかった皐月賞、クラシックをなんとかこの牡馬で」
その言葉だけで私は充分。
勿論、簡単な事でないというのも百も承知。縁があって、もう一度この血統を持てたことが嬉しいんです。
手続き完了後に、カタログも無いことに気付き、カタログはだいぶ後になってしまったという、笑い話もありますが、出張先への初回分郵送許可等、クラブの方も覚えてくれていたようです。

2017年11月更新写真 いい眼をしてます

母 ドリームオブジェニーと



(2018年1月更新写真)

引き続き谷川牧場第二分場で昼夜放牧されており、12月下旬には牡牝のグループ分けが行われた。1月中旬現在、牡馬14頭のグループで放牧されている。
牧場スタッフコメント
「新しい仲間たちが加わり、男馬14頭で放牧をしていますが、この仔は他の馬を近寄らせないオーラがあるのか、群れることなくマイペースに過ごしています。馬体重は、この時期に350キロあれば身体は充分大きい方ですが、本馬は1月中旬現在、367キロあります。食欲旺盛で飼葉は残さず食べますし、順調に成長していますよ」
(1月近況)


(2月更新写真)

一口馬主再開後、今年は年男という事もあり、16年産駒で勝負を賭け頭数を揃えましたが、2017年産駒はこのドリームオブジェニーの17を持てたので、じっくり構えられそうです。
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 11:56【ターファイトクラブ】ドリームオブジェニー2017

2018年02月11日

ノルマンディーオーナーズクラブ新規入会出資馬 テメリアイランド2016(ハーツクライ産駒)


ノルマンディーオーナーズクラブ
出資2歳馬紹介


テメリアイランド2016

牝馬
父 ハーツクライ
母 テメリアイランド
母父 Montjeu
栗東 河内洋厩舎
生産 前川勝春氏
2016年4月13日生

ノルマンディーオーナーズクラブ2次募集馬から、栗毛のハーツクライ産駒牝馬 テメリアイランドの16で入会しました。
ノルマンディーオーナーズクラブには1次募集でも、昆貢厩舎入厩予定のマンハッタンカフェ産駒 カグラの16で新規申し込みをしていましたが、抽選時の口数変更(2口⇒1口)の場合はキャンセルという部分にチェックを入れたため出資出来ませんでした。
今回も募集開始時には、全姉となる藤沢和雄厩舎所属のハーツクライ産駒の牝馬 シャドウアイランドが、デビュー戦から3着・2着と好走していたので、抽選になるかと思い口数変更の部分にはチェックを入れずに申し込みましたが、無事に希望口数(2口)での出資が決まりました。
動画での印象は普通かなといった印象ではありましたが、いずれにしてもまだ育成のはじまる前の段階でしたから、緩さは解消してくるものと思われます。決め手は "栗毛のハーツクライ産駒" と、母の父にモンジューが入る血統。活躍した栗毛のハーツクライ産駒の牝馬といえば、ヌーヴォレコルト、キョウワジャンヌ等。

その全姉シャドウアイランドが、3戦目となった1月27日の東京芝1800m牝馬限定未勝利戦にて勝ち上がっています。馬なりのまま好位追走から直線に入り、残り400m過ぎで追い出されると、最後までしっかりと脚を使い後続を完封するという、競馬のお手本のようなレース内容だったと思います。


2018年1月31日更新写真

オカダスタッド在厩。
夜間放牧と並行しながらウォーキングマシン1時間のメニューで調整。
担当者コメント
「馴致の最終段階として丸馬場での乗り慣らしまで進めていましたが、この中間放牧中に左前膝を外傷したため、一旦舎飼にとどめて様子を見ていました。腫れもひき歩様も問題ないためマシン運動を再開していますが、やや間隔が空いたため、来月(2月)から馴致のおさらいをしたのち坂路コースへ入れたいと考えています」
(1月31日近況)

1月時点では本格的に乗られていない分、まだまだ緩さが目立ちますが、今後乗り込まれての変わり身に期待です。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 11:14【ノルマンディーOC】テメリアイランド2016

2018年02月11日

マイネチリペッパー2016,プリティプリンセス2016~ウインレーシングクラブ


ウインレーシングクラブ
出資2歳馬紹介


マイネチリペッパー2016

牡馬
父 ロージズインメイ
母 マイネチリペッパー
母父 ネオユニヴァース
美浦 金成貴史厩舎
生産 原弘之氏
2016年3月12日生

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本に加え、ゲート練習を消化しています。
担当者コメント
「坂路で軽い追い切りを行ったところ、最後までバテずに、むしろ後半にグイッと伸びてきました。追い出してからもバランスを崩さず、良い走りができていますし、体力も備わっています。母が気性難だったので、精神面には気を付けていますが、父に似れば性格は悪くならないでしょう。今でもしっかりと動けていますが、体はこれからもっと増えてくるでしょうし、いい成長を見せてくれれば、大物に化けてもおかしくはないと思います」 馬体重446kg 体高155cm
(2017年12月15日近況)

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者コメント
「休養前の追い切りでは、スタートからスッとスピードに乗れて、最後もバテない脚を見せていました。だいぶ気持ちが入るようになってきましたし、速いスピードの乗りからも、現状では短いところが向きそうな感じもありますが、折り合いがつけば距離をこなしてもいいはずです。ロージズインメイ産駒で成長力もあるでしょうし、現時点でこれだけ動けるなら、かなり楽しみです」
(2018年1月19日近況)


募集カタログの写真

2017年のサマーセール取引馬。ラフィアンに入会した時から、いずれはビッグレッドファームで購入した種牡馬アイルハヴアナザー、ロージズインメイの産駒を持ちたいと思っていましたが、二次募集で出たマイネチリペッパーの16に出資。
父ロージズインメイの代表産駒ドリームバレンチノや、その全弟でクラブの先輩ウインムート同様に、渋い活躍を期待します。


父 ロージズインメイ 2017年3月 ビッグレッドファーム明和




プリティプリンセス2016

牝馬
父 ワークフォース
母 プリティプリンセス
母父 サンデーサイレンス
栗東 宮本博厩舎
生産 コスモヴューファーム
2016年4月27日生

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本というメニューを消化しています。
担当者コメント
「坂路で3F47秒台前半を楽に出せたように、動きの良さが目立ちます。まだパワーや体力不足なところがありながら、これだけしっかり動けるのですから、体が成長して力が付いてきたときには動きがさらに良くなるはずです。ワークフォースの産駒とは思えないバネの効いた走りができ、性格が良く、安定感もありますので面白い一頭です」 馬体重410kg 体高155cm
(2017年12月15日近況)

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者コメント
「今は昼夜放牧で休養させていますが、来週からは再び坂路で乗っていく予定です。休養前は疲れからかテンションが高くなっていましたが、今はリラックスしていますし、いいリフレッシュになっていると思います。決して大柄ではないものの、パワーがあり、力の要る坂路でもしっかりとした動きができます。乗っていて安定感がありますし、柔らかい動きをするので、楽しみはありますよ。あとは馬体がもうひと回り成長してくれれば、さらに楽しみですね」
(2018年1月19日近況)


出資時(2017年9月)写真

こちらはクラブHPにて9月15日更新の写真です。DVDでの歩様は普通といった評価でしたが、鞆の付く角度と、繋ぎの角度が特に気に入った部分で、全体のシルエットも募集開始当時より、個人的に好みの "良いかたち" に順調に成長してきてます。
他クラブの募集馬を含めても、ワークフォース産駒は馬体を良く見せる産駒が多いように感じていますが、この馬もそのうちの1頭。当時で400kg程度と他馬に比べ小さめですが、個人的にはあまりこだわる部分ではありません。
兄姉馬に活躍馬は出ていませんが、叔父にデュランダル~母はデュランダル、サイキョウサンデー、マルカサワヤカらの全妹にあたる良血馬。ワークフォース産駒の牝馬といえば、クィーンズベストやゴールドケープなど、牝馬の活躍が目立ちますし、特に昨春の桜花賞戦線で活躍したゴールドケープは母父にデュランダル。あまり大きくない部分も含めて、通ずる部分があるのではないかと感じています。
個人的に初となる "母父サンデーサイレンス" ですから、活躍してほしいと思ってます。


立ち姿がいい馬です。
(2017年10月更新写真)



在りし日のデュランダル

2011年10月 場所は忘れました・・

ウインレーシングクラブ出資馬記事

デイムウルスラ2016 (レモンドロップキッド産駒)

フリーヴァケイション2016 (スクリーンヒーロー産駒)

リバラン2016 (ジャスタウェイ産駒)


  


2018年02月11日

【WIN or PLACE】 関係馬出走レース,狙い馬等~2月12日の競馬より


2018年 競馬開催日メニュー
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の複勝で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月12日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【管理人の狙い馬】
東京競馬場 月曜
6レース 3歳500万条件
ダート1600m
イダペガサス

デビュー戦と前走で紹介したローレルクラブ所属のダンケシェーン。前走の考察は

デビュー戦でも取りあげた1頭。そのデビュー戦の時計自体は目立ったものではありませんが、終い2ハロン11.7-11.3という加速ラップを、先行して粘り通しての同タイムクビ差2着と好内容。
勝ち上がった2戦目では時計をしっかり詰めていますし、胴が長目の馬体からも今回の1ハロン延長にも対応可能とみました。
昆貢厩舎の関東遠征で、鞍上は "名手" 横山典弘騎手。この人気なら狙ってみたい1頭です。

デビュー戦で、そのダンケシェーンを差しきったのが、今回狙ってみたいゴールドアリュール産駒のイダペガサス。中間に熱発があったようですが、力通りならここでも好勝負になるはずです。




東京競馬場 月曜
11レース クイーンカップ
芝1600m
マウレア

勝ち鞍に派手な時計はありませんが、前走阪神ジュベナイルFでは、ラッキーライラック、リリーノーブルから0.2秒差。それもリリーノーブルの後ろのスポットに入ってしまったかたちで、スムーズだったらという競馬内容でした。魅力的なメンバーが揃った一戦ですが、G1 3着の実績を持つマウレアに期待します。
血統的に注目しているのが、ディープインパクト産駒で母父タピットのアルーシャ。
この馬で~シルクホースクラブ入会~2016年産駒出資馬紹介 で紹介した、ムスタパルタの16(父トーセンホマレボシ)も母父にタピットが入る血統で、トーセンホマレボシはディープインパクト産駒。




【参考レース】
東京競馬場 月曜
6レース 3歳500万条件
ダート1600m
◎イダペガサス
〇マリームーン
▲エピックアン
☆マイネルユキツバキ
考察は狙い馬参照



東京競馬場 月曜
11レース クイーンカップ
芝1600m
◎マウレア
〇ツヅミモン
▲テトラドラクマ
☆アルーシャ
考察は狙い馬参照



【関係馬出走レース】
東京競馬場 月曜
8レース 障害オープン
春麗ジャンプステークス
プレジールシチー

友駿での持ち馬プレジールシチーが出走します。ご存知エスポワールシチーの全弟です。休養明けとなりますが、怪我せず無事にまわってくれれば。
先日、プレジールシチーの当歳時の写真を更新しました。
プレジールシチー(エミネントシチー2011)


東京競馬場 月曜
12レース 4歳上1000万条件
ダート1600m
リヴェルディ

昨年末に引退したマイネルデインティの半兄となるスマートファルコン産駒。なかなかの勝負根性の持ち主で、実績のある東京コース替わりは条件が好転しそうです。

ブログ移転に伴い、この後は順次 出資馬を紹介します。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 09:19【WIN or PLACE】競馬コラム