さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
函館レーシングクラブ代表
函館レーシングクラブ代表
当時の政策 定額給付金 がきっかけ 「どうせなら夢のある買い物を」 ということで一口馬主参戦。
初出資馬は2007年産駒のシルクオールディー 同馬は2010年8月8日、当地函館競馬場で2勝目を挙げ、口取りも経験させてくれました。そして札幌での連勝~菊花賞へ駒を進めるもレース後に屈腱炎が発覚し無念の引退。
その後も一口馬主&競馬を楽しんでいましたが、2012年12月27日 最愛の初代会長 愛犬ボスの急遽により、競馬関連にも全く興味を持てなくなり、全クラブ全馬を放棄して全退会。
暫くは競馬から離れていましたが、岡田繁幸氏のプレイアンドリアルの中央競馬挑戦に触れて血が騒ぎ、再度一口馬主へ参戦。
現在は友駿,ラフィアン,ローレルにて出資
思い出の競走馬コスモバルク,インパーフェクト,プレイアンドリアル
2代目会長は愛犬 リッキー

過去の主な出資馬
シルクオールディー
ゲルマンシチー
クラリティシチー
シャトルアップ
ファンディーナ
ハートオブスワロー

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

出資競走馬

【 勝負の2014年産駒 】
ラディアントシチー

牡馬
父 ディープブリランテ
母 ツルマルオトメ
母父 タイキシャトル
美浦 齋藤誠厩舎
生産 駿河牧場
(友駿HC愛馬会)
募集500口
出資 4口

【 勝負の2015年産駒 】
マイネルデインティ

牡馬
父 ヴァーミリアン
母 オートキュイジーヌ
母父 フレンチデピュティ
栗東 田所秀孝厩舎
生産 スガタ牧場
(Ruffian)
募集100口
出資 1口


その他の出資馬
2014年産駒
フルトベングラー
牡馬
父 サマーバード
母 ヒカルマイゴール
母父 エアジハード
栗東 高橋義忠厩舎
生産 森永牧場
(ローレルクラブ)
募集200口
出資 1口

2015年産駒
アンシャンテシチー
牡馬
父 ゴールドアリュール
母 ワンダフルドーラ
母父 More Than Ready
栗東 羽月友彦厩舎
生産 田端牧場
(友駿HC愛馬会)
募集500口
出資 3口

メテオラシチー
牡馬
父 トーセンホマレボシ
母 リズミカルステップ
母父 キングヘイロー
栗東 佐々木晶三厩舎
生産 千代田牧場
(友駿HC愛馬会)
募集500口
出資 2口

ハッピーメモリアル
牝馬
父 エスポワールシチー
母 スタミナスピード
母父 アジュディケーティング
美浦 和田雄二厩舎
生産 カタオカファーム
(友駿HC愛馬会)
募集500口
出資 3口

2016年産駒
ケイティマイヒメ2016
牡馬
父 ベルシャザール
母 ケイティマイヒメ
母父 コロナドズクエスト
美浦 古賀慎明厩舎
生産 桑田牧場
(友駿HC愛馬会)
募集500口
出資 3口

スズカミンクス2016
牡馬
父 ヴィットリオドーロ
母 スズカミンクス
母父 アサティス
美浦 伊藤圭三厩舎
生産 グランド牧場
(友駿HC愛馬会)
募集500口
出資 2口


最近の記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション


 › 函館レーシングクラブ › 2017年01月11日
HAKODATE-RACING-CLUB

2017年01月11日

エピカリス・リゾネーターの強敵!?覚えておきたいこの1頭~渋い トーセンブライト産駒



先週の中央競馬より次走以降の注目馬を1頭取りあげてみたいと思います。

ハイランドピーク
3歳牡馬
父 トーセンブライト
母 ハイランドダンス
母父 ゼンノロブロイ
美浦 土田稔厩舎
生産 エスティファーム

昨年9月以来の3戦目となった土曜中山のダート1800m未勝利戦を、終始馬なり~直線では見せ鞭一発のみで、持ったまんまの8馬身差で圧勝したハイランドピーク。
+30kgは成長分。驚きはほぼ持ったままでの1分54秒3という走破タイムです。同日の古馬オープンクラスのメインレース ポルックスステークスの勝ちタイムが1分52秒9(勝ち馬ドリームキラリ)。ハイランドピークが、ハロン0.1秒詰められたと計算すると、この古馬オープン戦で掲示板の5着に入れる計算になります。

更に掘り下げてみたところ、初ダートとなった昨年9月の2戦目のメンバーの中から現時点でハイランドピーク(勝ち馬ビービーガウディとはクビ差2着)を含めると6頭(ディアシューター3着・アイアムノーブル4着・パレスハングリー5着・ピアノイッチョウ7着・シルヴァーメテオ13着)が、その後勝ち上がっているいるという好メンバーの一戦だったようです。

3歳世代のダート路線では、昨年の門別(ホッカイドウ競馬)での交流重賞・北海道2歳優駿を含め、ここまで3連勝と底を見せていないエピカリス、正月の競馬で圧勝したリゾネーターなど良血馬の強敵が多いですが、このトーセンブライト産駒という渋い血統のハイランドピークがどこまで強くなるか次走以降の走りにも注目してみたいと思います。
一口馬主でもこういった、地味でも渋くて走る馬を持ちたいものです。



ツルマルオトメ2014
順調に入厩への態勢が整いつつあるようです。


続きを読む より、今週末からの予想フォームをご覧になれます。

  続きを読む


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 20:03競馬:競馬予想関連