さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ 一口馬主 › リバラン2016

HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月16日

リバラン16,マイネチリペッパー16,プリティプリンセス16~2月16日近況~ウインレーシングクラブ


ウインレーシングクラブ
出資2歳馬近況


リバラン2016

牡馬
父 ジャスタウェイ
母 リバラン
母父 アグネスタキオン
美浦 畠山吉宏厩舎
生産 ディアレストクラブ

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「調教を進めてきて、多少テンションが上がってきました。さらにはまたカイバも落ちてきましたので、今が疲れのピークなのかもしれません。この後は様子を見て、放牧で休養を入れることを検討します。当初は身のこなしも良く、動けそうな感触はあったのですが、馬体の成長が見られず、現時点では動きも目立ちません。ジャスタウェイ産駒ですから、これから変わってくればいいのですが。馬体重は443キロです」

リバラン16 牧場見学記事はこちらです




マイネチリペッパー2016

牡馬
父 ロージズインメイ
母 マイネチリペッパー
母父 ネオユニヴァース
美浦 金成貴史厩舎
生産 原弘之氏

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「放牧を切り上げ、坂路で乗り出しています。休養を挟んだにも関わらず、テンションは高めですし、今は気持ちが全面に出てきています。坂路でも一気に行ってしまって、制御ができない場面もありますので、うまくコントロールできるようにしてきたいところです。スピードはあり、能力は高そうなので、今後は気性面の成長が課題ですね。馬体重は422キロです」



プリティプリンセス2016

牝馬
父 ワークフォース
母 プリティプリンセス
母父 サンデーサイレンス
栗東 宮本博厩舎
生産 コスモヴューファーム

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「追い切りでは、そこまで速い時計ではないものの、水準以上で安定して動けています。馬体重は401キロとあまり変化はありませんが、芯は入ってきたようで、体力も付いてきました。テンションが上がることもありませんし、あとは数字をもう少し増やせればと思います」



この世代からラフィアン経由で入会した、ウインレーシングクラブでの出資馬5頭のうちのまずは3頭の近況です。ここのところリバラン16の成長が停滞気味なのが心配点ですが、暖かくなる4~5月以降にガラッと変わり身をみせてくれることを期待してます。
マイネチリペッパー16は気性面のみ。プリティプリンセス16は数字は増えてきまませんが、ワークフォース産駒らしく相変わらず馬体を良く見せる馬だなという印象です。
ウインRC出資馬のトップ2評価 デイムウルスラ16、フリーヴァケイション16 近況は改めて更新します。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 23:35リバラン2016マイネチリペッパー2016プリティプリンセス2016

2018年02月06日

リバラン16 (ジャスタウェイ産駒)~ウインレーシングクラブ


ウインレーシングクラブ
出資馬紹介


リバラン2016

(募集カタログ写真)
牡馬
父 ジャスタウェイ
母 リバラン
母父 アグネスタキオン
美浦 畠山吉宏厩舎
生産 ディアレストクラブ
2016年3月1日生

胴伸びがあり、見映えのする馬体の産駒が多くみられる印象のジャスタウェイ産駒。このリバラン2016も、そういった特徴がみられる募集馬です。将来的に背筋を鍛えられて、背中がしっかりして走れるようにならなければ、決してプラス材料にはならないのかもしれませんが、父ジャスタウェイをはじめ、ブエナビスタ、ドゥラメンテ、そして好きだったプレイアンドリアル等々、クラシック級の距離で活躍した名馬たちが持つ特徴でもあり、現時点ではプラスに捉えています。
とにかく "雰囲気" を感じさせる馬。父ジャスタウェイの体高が162cmという事ですが、それに近い数字まで伸びてくれば、更に見映えがする馬になると感じています。
鞆の容量も充分で、動画で歩様を眺めていて、鞆の送りかたがプレイアンドリアルに似ているなといった印象も持ちました。まだ兄弟馬で勝ち馬は出ていませんが、半兄ミシシッピデルタ(チチカステナンゴ産駒)は、勝ち上がれずも芝の中距離で2着3回、3着3回。そして7月30日の新潟競馬場でデビューした半姉ディアサルファー(ローエングリン産駒)は、芝のマイル戦でオーデットエールの僅差2着~2戦目はミュージアムヒルの2着~3戦目はラソワドールの2着と3戦連続2着(その後3着・6着と計5戦現役)。叔父にタイガーカフェ、フサイチジャンク、叔母にマルカフローリアンらの名が連なる血統。
父同様セレクトセールの出身馬で、セリ落とされた価格もほぼ同額。期待している種牡馬ジャスタウェイの初年度産駒。その1頭としての活躍を期待しています。


(1月19日更新写真)

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本に加え、ゲート練習を消化しています。
担当者は「坂路調教を続けていますが、少し疲れも見えてきました。カイバも落ちてきましたし、体力面でもまだ物足りないところがあります。募集時からあまり成長が見られず、横ばいという感じです。とはいえ、背中の感触が良く、柔らかい動きからも素質を感じています。ジャスタウェイ産駒は初めてなので、傾向がまだ掴めていませんが、父同様晩成タイプが多いのかもしれません。青草が出てきたときに放牧に出したら、グッと変わってきそうな感じもあります。今は成長を見守りましょう。馬体重は446キロです」と話していました。(1月19日近況)

2月5日更新 牧場便り
現在は坂路調教と平行してゲート練習も開始しています。トラックコースは、まだ凍っているので駐立や進入がメインですが、なかなか優等生です。たまに変な動きをすることがありますが、そこまで問題になるレベルでもないです。(2018年2月3日)

リバラン2016 コスモヴューファーム見学時の写真は【続きを読む】からご覧になれます。
  続きを読む


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 22:03FARM 牧場見学リバラン2016