さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ 一口馬主 › 【WIN or PLACE】競馬コラム

HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月15日

【WIN or PLACE】 G1予想フェブラリーステークス 関係馬出走レース,狙い馬等~2月17~18日の競馬より


2018年 競馬開催日メニュー
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の単複で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月17~18日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【G1予想】
東京競馬場 日曜
フェブラリーステークス

『ユニコーンステークスは、ダートG1への登竜門』
過去に習った格言です。

ユニコーンステークス過去の主な勝ち馬

シンコウインディ(フェブラリーS 優勝)
タイキシャトル
アグネスデジタル(フェブラリーS 優勝)
カネヒキリ(フェブラリーS 優勝)
ベストウォーリア(フェブラリーS 2着)
ノンコノユメ(フェブラリーS 2着)
ゴールドドリーム(フェブラリーS 優勝)
サンライズノヴァ

今年の出走メンバーも4世代4頭のユニコーンステークス勝ち馬が出走します。

2013 ユニコーンS (曇り:重)
1.36.0 ベストウォーリア (上り 35.0)
11.9-11.7-11.8 (レース上り 35.4)

2013 主なメンバー
(サウンドトゥルー)



2015 ユニコーンS (小雨:稍重)
1.35.9 ノンコノユメ (上り 35.5)
12.1-12.1-12.8 (レース上り 37.0)

2015 主なメンバー
(ノボバカラ、アルタイル、ゴールデンバローズ、マイネルオフィール、アキトクレッセント)



2016 ユニコーンS (曇り:良)
1.35.8 ゴールドドリーム (上り 35.9)
11.8-12.0-12.4 (レース上り 36.2)

2016 主なメンバー
(グレンツェント、ストロングバローズ、マイネルバサラ、イーグルフェザー、クインズサターン)



2017 ユニコーンS (雨:良)
1.35.9 サンライズノヴァ (上がり 35.4)
12.7-12.1-11.9 (レース上り 36.7)

2017 主なメンバー
(サンライズソア、リエノテソーロ、アンティノウス、ラユロット)


今年出走するユニコーンS勝ち馬の当時の成績をピックアップしてみましたが、馬場状態に問われず、走破時計がほぼ同じという点に注目しました。3歳馬が同レースが行われる6月の時点で出せる限界の時計なのでしょうか。尚、昨年は良馬場発表ですが、調べたら前のレース(10レース)時点で、天候が雨に変更になっており、およそ1時間ほど降っているわけですから、稍重に近い良馬場と考えて良いかと思います。

今年のフェブラリーステークスも勿論、ダートG1の登竜門を勝った馬から指名することになり、G1考察により本命馬を割り出しますが、この拮抗した時計の中から、勝負根性・底力を比較(詳細は企業秘密(笑))し、指名するのは◎ゴールドドリームです。派手な勝ち方にはならないかもしれませんが、ゴール前できっちり前に出る。そういった底力と勝負根性をみせてくれるはずです。



2000年 ユニコーンS 優勝
2002年 フェブラリーS 優勝
アグネスデジタル

2015年8月 ビッグレッドファーム明和にて

そのアグネスデジタルを叔父に持つ
ウインレーシングクラブでの出資馬
外国産馬 デイムウルスラ2016 (レモンドロップキッド産駒)

育成されているコスモヴューファームで騎乗しているスタッフからも、「アグネスデジタルの再来」と、話題になっているそうで、楽しみにしている1頭です。(会報誌:アワー・プレジャーより)



【管理人の狙い馬】
東京競馬場 日曜
フェブラリーステークス
ゴールドドリーム
考察はG1予想を参照



東京競馬場 日曜
ヒヤシンスステークス
ダンケシェーン

まずは 先週のイダペガサスの考察も参照ください。

イダペガサス・ダンケシェーンの新馬戦は、走破時計云々でなく、とにかく終いの加速ラップがハイレベルで注目していた2頭で、ともに順当ともいえる2勝目を挙げています。正直、前走はもう少し楽に勝てるかと睨んでいましたが、その前走で今回と同舞台となる1ハロン延長にも対応出来ましたし、先を見据えての控える競馬にも上手に対応。今回は短~中距離路線から骨っぽい相手が揃った印象で比較がしづらいが故に3頭に絞り切れず、参考レースにはしませんが、デビュー戦でみせた11.7-11.3の優秀な加速ラップを刻んだ能力を評価し、ここまでイダペガサス・ダンケシェーンの能力比較のパズルを積み重ねてきたので、ここも昆貢厩舎・横山典弘騎手・ヘニーヒューズ産駒のダンケシェーンの能力を信じて狙ってみます。

相手に面白そうで、渋いメイショウボーラー産駒のメイショウオーパスを1頭取りあげます。
ガラッと変わった昨年10月の未勝利戦(ダート1400m)では、中団追走から持ったままで差しきる大楽勝。前走の寒椿賞でもミスターメロディーを交わす際、鞍上の幸英明騎手が後ろを振り返る余裕をみせてのレコード勝ちと、不気味で怖い存在です。

このヒヤシンスSには、米国3冠競走(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス)へ登録した3頭(コパノキッキング、ルッジェーロ、ワークアンドラブ)のうち2頭が出走しますが、この3頭のなかでは個人的に現時点では、今回残念ながら除外となったコパノキッキングに魅力を感じています。



【参考レース】
東京競馬場 土曜
10レース 白嶺ステークス
ダート1600m
◎イーグルフェザー
〇エニグマ
▲ハルクンノテソーロ
☆ナムラミラクル

前のブログでやった三峰山特別本命馬イーグルフェザー。今回も鞍上田辺裕信騎手で狙ってみたい一鞍。本来なら能力上位レッドオルバースが△評価で入るところですが、今回は実績のない休み明け(3ヶ月振り)という事で、一発指名のナムラミラクルを入れての相手3頭。
今週は予想としては、管理人の好きなコース・東京ダート1600m戦から3鞍となりました。枠順発表前ではありますが、今日は大安吉日。更新できるうちに。




【関係馬出走レース】
京都競馬場 土曜
2レース 3歳未勝利
ダート1800m
アンシャンテシチー

中1週での2戦目。今回の鞍上は幸英明騎手。デビュー戦のレース直後はケロッとしていたというくらいですから、今回は集中して走ってもらい、せめて掲示板くらいには頑張って欲しいところです。

アンシャンテシチー
2016年5月 田端牧場にて
今回は幸英明騎手に "闘魂注入" してもらいます。

アンシャンテシチー 田端牧場見学写真はこちらです



東京競馬場 日曜
6レース 4歳以上500万条件
芝2400m
ヴァンベールシチー

母ケープタウンシチーの初仔となるステイゴールド産駒。ハートランドシチー(ケープタウンシチー15:父ハーツクライ)、ケープタウンシチー16(父オルフェーヴル)には出資しています。

ケープタウンシチーの15 (2016年5月)


ケープタウンシチーの16 (2017年8月)
幌村牧場にて




京都競馬場 日曜
6レース 3歳500万条件
ダート1400m
ディライトプロミス

中央競馬で登録されているレモンドロップキッド産駒は、先に触れた出資馬デイムウルスラ2016を含めて18頭のみ。直近では1月14日の古馬1000万クラスをソレイユドパリが勝ち上がっています。国内では数少ない父の産駒ですから、どういった競馬をするのか注目してみたいと思います。


小倉競馬場 日曜
7レース 4歳以上500万条件
芝1200m
アマルティア

幾千世牧場生産~ターファイトクラブ所属のエスポワールシチーの半妹(父アドマイヤムーン)。


東京競馬場 日曜
ヒヤシンスステークス
ダート1600m
ダークリパルサー

友駿のエスポワールシチー、プレジールシチー、ターファイトクラブのアマルティアらの半弟となる、幾千世牧場生産のハードスパン産駒。頑張って欲しいと思います。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 23:39【WIN or PLACE】競馬コラム

2018年02月11日

【WIN or PLACE】 関係馬出走レース,狙い馬等~2月12日の競馬より


2018年 競馬開催日メニュー
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の複勝で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月12日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【管理人の狙い馬】
東京競馬場 月曜
6レース 3歳500万条件
ダート1600m
イダペガサス

デビュー戦と前走で紹介したローレルクラブ所属のダンケシェーン。前走の考察は

デビュー戦でも取りあげた1頭。そのデビュー戦の時計自体は目立ったものではありませんが、終い2ハロン11.7-11.3という加速ラップを、先行して粘り通しての同タイムクビ差2着と好内容。
勝ち上がった2戦目では時計をしっかり詰めていますし、胴が長目の馬体からも今回の1ハロン延長にも対応可能とみました。
昆貢厩舎の関東遠征で、鞍上は "名手" 横山典弘騎手。この人気なら狙ってみたい1頭です。

デビュー戦で、そのダンケシェーンを差しきったのが、今回狙ってみたいゴールドアリュール産駒のイダペガサス。中間に熱発があったようですが、力通りならここでも好勝負になるはずです。




東京競馬場 月曜
11レース クイーンカップ
芝1600m
マウレア

勝ち鞍に派手な時計はありませんが、前走阪神ジュベナイルFでは、ラッキーライラック、リリーノーブルから0.2秒差。それもリリーノーブルの後ろのスポットに入ってしまったかたちで、スムーズだったらという競馬内容でした。魅力的なメンバーが揃った一戦ですが、G1 3着の実績を持つマウレアに期待します。
血統的に注目しているのが、ディープインパクト産駒で母父タピットのアルーシャ。
この馬で~シルクホースクラブ入会~2016年産駒出資馬紹介 で紹介した、ムスタパルタの16(父トーセンホマレボシ)も母父にタピットが入る血統で、トーセンホマレボシはディープインパクト産駒。




【参考レース】
東京競馬場 月曜
6レース 3歳500万条件
ダート1600m
◎イダペガサス
〇マリームーン
▲エピックアン
☆マイネルユキツバキ
考察は狙い馬参照



東京競馬場 月曜
11レース クイーンカップ
芝1600m
◎マウレア
〇ツヅミモン
▲テトラドラクマ
☆アルーシャ
考察は狙い馬参照



【関係馬出走レース】
東京競馬場 月曜
8レース 障害オープン
春麗ジャンプステークス
プレジールシチー

友駿での持ち馬プレジールシチーが出走します。ご存知エスポワールシチーの全弟です。休養明けとなりますが、怪我せず無事にまわってくれれば。
先日、プレジールシチーの当歳時の写真を更新しました。
プレジールシチー(エミネントシチー2011)


東京競馬場 月曜
12レース 4歳上1000万条件
ダート1600m
リヴェルディ

昨年末に引退したマイネルデインティの半兄となるスマートファルコン産駒。なかなかの勝負根性の持ち主で、実績のある東京コース替わりは条件が好転しそうです。

ブログ移転に伴い、この後は順次 出資馬を紹介します。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 09:19【WIN or PLACE】競馬コラム

2018年02月10日

【WIN or PLACE】 関係馬出走レース,狙い馬等~2月11日の競馬より


2018年 競馬開催日メニュー
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の複勝で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月11日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【管理人の狙い馬】
該当なし
(月曜の競馬から1頭紹介予定)




馬場状態が悪くなりそうですので、日曜のレースも一段下げて注目馬として紹介します。
【注目馬】
東京競馬場 日曜
10レース バレンタインS
ダート1400m
スピーディクール

前走の仲冬ステークスは狙い通り。前走を見る限り、距離に関しては短縮となる今回の方が合っていそうで、あとはオープンでの相手関係。名手 "横山典弘騎手" が、続けて手綱をとるサウスヴィグラス産駒。相手大幅強化の今回が正念場。


東京競馬場 日曜
11レース 共同通信杯
芝1800m
ステイフーリッシュ

前走のホープフルステークスで狙ったステイゴールド産駒。先着されたのは京都2歳Sでグレイルとタイム差なしのタイムフライヤーと、デイリー杯2歳S勝ち馬ジャンダルムですが、ゴール前はステイフーリッシュの脚色が優勢にみえました。残り少ないステイゴールド産駒。頑張って欲しいと思います。相手上位はそのグレイルと、百日草特別ではナスノシンフォニー、ディロスに先着しているゴーフォザサミットのハーツクライ産駒2頭。昨年はハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが完勝したレース。


京都競馬場 日曜
5レース 3歳未勝利戦
芝1600m
ルナステラ

スワーヴリチャード、バンドワゴンの半妹となるディープインパクト産駒。前走3着とはいえ、目を見張る末脚を披露していました。馬場に対応出来れば当然最有力です。


京都競馬場 日曜
11レース 京都記念
芝2200m
レイデオロ

考察は前のブログのジャパンカップ考察を参考ジャパンカップ考察

ダービーを勝った後も、ダービー馬として恥ずかしくない競馬が出来る馬でダービーを獲りたい

管理する藤沢和雄調教師が、以前競馬雑誌のインタビューで答えていた言葉。強い内容を期待します。一発は前にいるクリンチャー、クロコスミア。




【参考レース】
該当なし
(月曜の競馬で1鞍紹介予定)




【関係馬出走レース】
京都競馬場 日曜
3レース 3歳未勝利戦
ダート1400m
ペイシャキャサリン

友駿で出資している母プラセンティアの5番仔16年産駒(父エスポワールシチー)の半姉となるスマートファルコン産駒。中央初勝利後に地方に移籍し、活躍しているレイディルアレナ(カネヒキリ)や、このペイシャキャサリンの全兄となるデザートトリップなどがいる血統。


京都競馬場 日曜
4レース 3歳500万条件
ダート1800m
ツーエムアリエス

母プラリネ(父アドマイヤムーン)の初仔となるヴァーミリアン産駒。半弟となるプラリネの16(グランプリボス産駒)がウインレーシングクラブで募集されていました。前走は後続を引き離しましたが、今回は手塚貴久厩舎の外国産馬バトルマイスター、キングカメハメハ産駒のグレートタイムや、サクラアリュールなど相手が強そうな印象です。


東京競馬場 日曜
6レース 4歳以上500万
ダート2100m
ジャコバイティズム

先週のアンシャンテシチーの新馬戦に出走していたヒロノライデン(父カネヒキリ)の半兄、シルクオールディーの半弟となるハーツクライ産駒。


シルクオールディー
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 22:25【WIN or PLACE】競馬コラム

2018年02月09日

【WIN or PLACE】 関係馬出走レース,狙い馬等~2月10日の競馬より

お疲れ様です。まずはブログ周知の目的で登録していたランキングサイトを9日金曜に退会しました。これまでのご協力ありがとうございました。
PC画面は左側(サイドバーの出資馬一覧の下)、スマホ画面は、トップ画面の記事一覧の下にありますリンクより、読者登録をされると、記事更新後数秒で通知メールが届く便利な機能ですので、ご利用ください。


2018年 予想ランク
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の複勝で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月10日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【管理人の狙い馬】
小倉競馬場
2レース 3歳未勝利戦
ダート1000m
ヴォルフスブルク

前に行く人気馬アウトバーンをみながら行けそうで、平坦コースへ替わるのも味方しそう。


詳しく調べたわけではありませんが、下り坂の天気予報という事で、芝のレースは馬券云々の狙い馬ではなく、一段下げて注目馬として紹介します。
【注目馬】
京都競馬場
9レース 3歳500万条件
芝1600m
こぶし賞
ケイアイノーテック

先週の狙い馬で紹介した、きさらぎ賞出走のカツジが離された5着となり、デイリー杯2歳Sではそのカツジから0.4秒離された3着。しかし当時のケイアイノーテックは5か月振り&プラス22kgで出走したもので、ここを叩かれて臨んだ朝日杯フューチュリティステークスこそが、同馬の能力ではないかとみます。その朝日杯フューチュリティステークスでは、勝ち馬ダノンプレミアムには離された4着ながら、2着ステルヴィオ、3着タワーオブロンドンとは同タイムという能力を示しています。
母ケイアイガーベラは現役時、プロキオンステークスや、カペラステークス勝ちを含むダートで9勝を挙げた実力馬ですから、力の要る馬場状態になってもこなせるのではと注目しています。


【参考レース】
該当レースなし



【関係馬出走レース】
京都競馬場
8レース 4歳以上500万条件
ダート1400m
ピアレスピンク

ラディアントシチー(父ディープブリランテ)の半姉となるエンパイアメーカー産駒。こちらはローレルクラブ所属ですね。母の初仔にユニオンオーナーズクラブ所属で走ったシンジュボシ(父ダイワメジャー)などがいる懐かしい血統。
母ツルマルオトメが那須野牧場に購入され、ヴィクトワールピサ産駒の2016年産駒は、グリーンファーム愛馬会で募集されています。


京都競馬場
6レース メイクデビュー京都
ダート1400m
ソウダチ

ターファイトクラブ募集馬 リシア2016 の全兄(父オルフェーヴル)のデビュー戦。曾祖母にウオッカや、ラテラルアークの母であるタニノシスターが入る血統。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 22:26【WIN or PLACE】競馬コラム

2018年02月04日

【WIN or PLACE】 関係馬出走レース,狙い馬等~2月4日の競馬から


2018年 予想ランク
WIN or PLACE

【管理人の狙い馬】
能力比較・状態等の考察より、狙って面白そうな狙い馬を更新。
管理人は馬券圏内に好走しそうな発表馬の複勝で楽しみます。


【参考レース】
G1・重賞を含め、相手3頭程度に絞れた場合の更新。


【関係馬出走レース】
一口馬主で出資している兄弟馬等の出走を更新します。
※予想とは関係ありません。


※本業の都合上、あくまでも不定期の更新となります。
では2月3~4日の競馬

【はじめにお読みください】
※あくまでも個人的な競馬予想~馬券紹介となります。
競馬予想・競馬観戦の参考程度としてお楽しみいただき、馬券の購入等は全て個人の責任にてお願いします。
icon48ギャンブル・競馬に絶対はありませんicon47

-------------------------------------------------------

今週の競馬
【管理人の狙い馬】
東京競馬場
東京新聞杯
グレーターロンドン

ここには人気を分け合う、これまで狙ってきたダイワキャグニーも出走しますが、直接対決となった前年の毎日王冠はスローで、差し込んだ組が強いレース。この毎日王冠でのグレーターロンドンは、次の天皇賞(秋)に向け、脚を計っていた感があるレース内容でした。ダイワキャグニーも力を付けている印象ですが、同斤量に替わることと、全6勝のうち5勝をあげるマイル戦。なんといっても昨年の安田記念0.1秒差4着の実績馬で、先着されたのはサトノアラジン、ロゴタイプ、レッドファルクスで、マイルCS2着馬エアスピネルには0.1先着。
川田将雅騎手が跨った一週前の追い切り内容も抜群ですから、テン乗りでもグレーターロンドンの能力に一票。


京都競馬場
きさらぎ賞
カツジ

前走のデイリー杯2歳Sは、直線で外にヨレてしまいジャンダルムから0.2秒差の2着。そのジャンダルムは次走のG1ホープフルステークスでも、勝ち馬タイムフライヤーから0.2秒差の2着と、世代上位の能力をみせていますし、デイリー杯で0.4秒先着したケイアイノーテックは、次走朝日杯フューチュリティステークスに於いて4着ながら、2着ステルヴィオ、3着タワーオブロンドンとは同タイムの能力を示しています。
今回は1ハロンの距離延長となりますが、全兄となるミッキーグローリーも、500万条件戦ながらこなせていますので、3歳のこの時期なら好勝負に持ち込めるのではないかと睨みました。昨年の皐月賞馬アルアインの全弟にあたるダノンマジェスティも強いと敬意を表しつつ、キャリア1戦馬が怪しいというデータから、狙いは前走重賞組のカツジ。


【参考レース】
該当レースなし



【関係馬出走レース】
ハートランドシチー
2月3日 京都競馬場
6レース芝2000m戦

デビュー戦を迎えたハートランドシチーでしたが、見せ場も無く15着惨敗(もう・・慣れてます)。戦前から権利獲り狙いの投票、追い不足、使いつつ等のコメントが並んでおり、過大な期待などしていませんでしたが、それにしても負け過ぎの印象。ラディアントシチーの時もそうでしたし、友駿の馬はこの時季になって新馬戦でのデビューにこだわり、出走を急がせてしまっているように感じていますが・・クラブ側からの要請ならやめて欲しい部分(ハッピーメモリアルも急がせている感が蔓延・・)ですね。これもあとひと世代の我慢。


アンシャンテシチー
2月4日 京都競馬場
3レース ダート1800m戦

デビュー戦8着。先程レースを見ましたが、コーナーを回るたびに置かれてしまったなという印象。特に4コーナー手前では、ペースアップに付いていけず一旦ズルズル下がってしまいましたが、ある程度最後まで脚を使えてはいたので、距離が敗因ではないかと思います。一か月半強、厩舎でじっくり乗られての出走でしたから、こちらは納得。本音ではもう少し頑張れるかとは思っていましたが、少しレース慣れが必要なようです。

2016年5月 田端牧場にて

【印象に残った出走馬】
京都競馬場 2レース
コパノキッキング

コパノリッキーなどコパノの冠名でお馴染みの小林祥晃氏所有の外国産馬(父 Spring At Last:母 Celadon)
先日、JRA-VANのニュースで、ルッジェーロ、ワークアンドラブの既走馬とともにアメリカ3冠競走(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークス)へ登録されたというニュースで、未出走ながら登録したコパノキッキングの動向に注目していましたが、京都2レース ダート1200m戦で、既走馬相手に1分12秒9のタイムで圧勝しました(鞍上は川須栄彦騎手)。先程の京都6レース古馬500万条件戦の勝ち馬ロマンチスト(アグネスデジタル)が1分12秒6のタイムですから、米3冠競走へ夢が広がるレース内容だったと思います。
こういった馬を持ちたいものです。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 12:55【WIN or PLACE】競馬コラム