さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ 一口馬主 › デイムウルスラ2016

HAKODATE-RACING-CLUB

2018年02月18日

少し喧嘩を買ってみる~デイムウルスラ16,フリーヴァケイション16~2月16日近況~ウインレーシングクラブ 一口話


ウインレーシングクラブ
出資2歳馬近況


デイムウルスラ2016

牡馬
父 Lemon Drop Kid
母 Dame Ursula
母父 Elusive Quality
栗東 西園正都厩舎
生産 Runnymede Farm Inc.

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「移動後から一気に進めてきていますが、体も減りませんし、精神的にもドシッとしています。それでも、体の造りを見ると、これからまだ馬体重を増やして、大きく変わってきそうなイメージもあります。アメリカ馬らしいパワーがありますし、坂路でも安定感のある動きができていますね。これから成長を見せれば、大物に化けてもおかしくはないと思います。馬体重は459キロです」

デイムウルスラ16 出資時コメントは
外国産馬 デイムウルス2016 (レモンドロップキッド産駒)





フリーヴァケイション2016

牡馬
父 スクリーンヒーロー
母 フリーヴァケイション
母父 Fly So Free
美浦 手塚貴久厩舎
生産 コスモヴューファーム

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本~2本消化しています。
担当者コメント
「先日の追い切りでは動きの良化が見られ、徐々に素質の片鱗が出てきた印象です。以前はフットワークが大きくても、うまく体を使えていませんでしたが、それが徐々に改善されてきています。まだ見た目には幼さも残りますが、だいぶ芯は入ってきたのでしょう。馬体重は450キロです」

フリーヴァケイション16 出資時コメント 牧場見学記事は
フリーヴァケイション2016 (スクリーンヒーロー産駒)



ウインレーシングクラブ出資馬の中でのトップ2評価馬です。
この外国産馬デイムウルスラ16と、ウインRC入会のきっかけとなったフリーヴァケイション16には、ただ一つ勝ち上がるだけでなく、その後も含めて期待している出資馬です。
惨敗続きの我が3歳世代。友人から連絡をもらいました。
函館の(私の)馬がレースで凡走すれば「未勝利馬がいないのは楽」等、わざわざ更新してくれているというラだかウだかの先輩会員らしい腹の "黒い" 方が遠まわしであってもブログで皮肉を書いているらしいので(だから敢えてランキングに再登録)、現在持っている3歳世代が走らない分を含めて、この2頭にはひっくり返してもらうおうと考えてますから、今は何を書かれようと、凡走続きで笑われようと、どうぞどうぞの気持ちです。今は何一つ言い返せる成績ではありませんから・・

ただ残念なのは、同じ一口をやっているなかで、自分の成績がたとえ優秀であっても・・・
それこそ、たとえ一口の馬主であっても品格というのを大事にしてもらいたいし、馬主という名が付く以上はそういった器になって欲しいんだと切に願っているところです。
勝つ馬・関係者が1いる陰に、涙を呑む競走馬・関係者が何倍いるのか。
たとえ凡走を続けるクラブ馬がいても、出資会員にとっては紛れも無く愛馬なのですから。
そういった原点を忘れることなく、ブログの文面にも気を配って更新していきたいものです。

さて気持ちを切り替えて

一口話
ファンディーナ、クレッシェンドラヴ、ハートオブスワローらを一旦放した反動や、年男という事もあり、2016年産駒は15頭と大きく揃えましたが、血統的背景や現時点での育成状況等も加味すると、デイムウルスラ16とフリーヴァケイション16は、自分のなかで黙って5本の指に入り、その中でも上位評価できる2頭です。その他の3頭は未だ紹介していない"秘密兵器"(牡馬)と、ラフィアンのジャスタクイーン、そして魅力の育成環境込みで先日再入会したシルクホースクラブのスターオブオナー。

本来ならいるはずの出走馬がいない。昨年はそういった寂しい時期でもあり、焦りというのかなんというのか、揃え過ぎた感もあります。一世代で15頭に出資しましたが、現時点で 『そのうち片手に絞れ』 と言われたら、上の5頭に絞れてしまうのですから、やはり早い段階での出資馬選定は難しいものだと肌で感じています。
これまでの出資は当歳~1歳の早い時期という、馴致などの早期育成もがはじまる段階より前での出資が殆どでした。勿論これはドリームオブジェニー2017など、早い時期に決断しなければ即満口になってしまうといった人気募集馬への出資もありますし、ラフィアン(12月中旬)・ウイン(1月末)などのように、比較的早い時期で募集を締め切るクラブもあります。またそうでなくとも、友駿などを例にすると他人の評判を気にすることなく、そういった情報が目に入る前に、自分の評価(勘)で出資したいというこだわりもありました。(これはブログで早い段階で予想を更新しているのと同じような感覚です)

今回ピックアップするのは、スターオブオナーとデイムウルスラの16
理想はまだまだ育成が進み、早い時計を出す時期~入厩目前までの情報を見極めるのが究極の理想なのでしょうが、それでも自分にとっては年が明けての2歳馬への出資はまだ数が少なく、記憶にある前例はシルクオールディー、クラリティシチー、フルトベングラーくらいでしょうか。シルクオールディー、クラリティシチーは走ってくれましたが、フルトベングラーも2戦目での骨折が無ければ、面白い存在になってくれたのではないかと今でも思っています。先日も穴をあけていたサマーサプライズなど、数少ない産駒の中からでも実績を積み上げているサマーバード産駒。一世代のみですが、なんとかサマーバードの血を繋いでいって欲しいとも願っています。
スターオブオナー(ムスタパルタの16)、デイムウルスラの16は、ある程度育成が進んだ中となる2歳1月時点での出資となり、やはり早い時期で出資した馬たちより、中身の濃い情報の量が多く、ある程度計算出来そうだと踏んでの出資になってます。
残口があればという前提ではありますが、やはり理想は育成が進んで・・からの出資。一口で成功している方なら当たり前の事で、つまらない話かと思いますが、改めてそう思うところがあり復習しました。
欲しい欲しい病を治す。
過去に何度も書いていますが、未だ完治せず(笑)
いや、今年は治癒できるよう慎重に進めていかねばと。

2017年産駒
ファンディーナで夢を掴み損ねた分をも託して、ドリームオブジェニー2017 (ハーツクライ産駒) を持てましたので、気持ちにゆとりをもって選定していけると感じています。
既に数クラブでは2017年産駒の募集が始まっており、時間があれば眺めていますが、これなら成長過程をみながら検討したいなと感じている募集馬が2頭ほどいます。昨年なら現時点で出資してしまっているかもなと考えつつ、慎重に慎重に・・という今の自分もいて・・どうなりますことやら(笑)

少し喧嘩を買ってみる~
なんて、本日は騒々しい題名を付け、多少見苦しい文面もあったことをお詫びします。

今年の出資テーマ 我慢坂 といった辺りでしょうか。人生我慢。我慢も大切ですね。
検討~一旦我慢。検討~もう少し我慢というスタンスで。
ありがとうございました。  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 10:10デイムウルスラ2016フリーヴァケイション2016

2018年02月03日

外国産馬 デイムウルスラ2016 (レモンドロップキッド産駒)~ウインレーシングクラブ


ウインレーシングクラブ
新規出資馬紹介


デイムウルスラ2016

牡馬
父 Lemon Drop Kid
母 Dame Ursula
母父 Elusive Quality
生産 Runnymede Farm Inc.& Peter J.Callahan(米国)
栗東 西園正都厩舎
2016年2月10日生

2016年産駒への出資もこの馬で締め。先日触れていたワン・ツースリーの1月23日に出資締結したのが、ウインレーシングクラブ募集馬の、この外国産馬です。

2017年のキーンランドセプテンバーセール(イヤリング)にて、コスモヴューファーム名義で20万ドルで落札されたマル外馬。
外国産馬は輸送経費等の関係もあり、馬代金が割高というイメージもありましたので、HPで会員特別募集開始のアナウンスがあった当初は然程気にしていなかったのですが、血統表・母系図を眺めていて祖母チャンシースクウォーの名に釘付け。

叔父にアグネスデジタル、ジャリスコライト、シェルゲームなど懐かしい競走馬名が連なる優秀な母系。G1 6勝馬のアグネスデジタルはもとより、当時はまだ一口馬主というシステムを知らず、個人的に初めて競馬週刊誌のPOG(馬主になった気分でした(笑))に参加して指名していたのが藤沢和雄厩舎所属でクラシックを目指した外国産馬ジャリスコライト。久し振りにこの馬名を目にして、POGながらジャリスコライトの活躍に胸を躍らせ夢を見ていた当時を懐かしく思い出してました。このような血統背景を持つ母デイムウルスラの4番仔。(この血統をみた時点でほぼ出資確定のランプ点灯)

種牡馬 Lemon Drop Kid
キングマンボの直仔である、父レモンドロップキッドの産駒は、今回出資したデイムウルスラ2016が中央競馬登録18頭目と、日本へ輸入された産駒数は少ない中でも、アポロキングダム(2勝)が種牡馬になって産駒も走っていますし、現役馬では1月14日の古馬1000万クラスを完勝したソレイユドパリ(3勝)を筆頭に、リアリゾンルレーヴ(1勝)、ディライトプロミス(1勝)が頑張っていますし、BMSに入っても、先週の梅花賞を勝ったメイショウテッコン(マンハッタンカフェ産駒)や、ディープオーパス(Exchange Rate産駒)、テンモース(Speightstown産駒)らが活躍している種牡馬です。


2017年12月15日 更新写真


2018年1月19日 更新写真

2018年1月19日 更新近況

北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本に加え、ゲート練習を消化しています。
担当者は「馬体重は461キロと数字は減りましたが、乗り込みを進めてきて、引き締まり、鍛え上げられたという感じです。追い切りでは楽に3F44秒台のいい時計が出ますし、背中の感触が良く、動きも柔らかいんです。性格もいいですし、この感じなら折り合いもつきそうなので、距離もある程度融通が利きそうです。大物感がありますし、化けてもおかしくない1頭だと思います」と話していました。


1月31日で募集が締め切られましたので、募集馬としての最終更新となったこの日の近況では、イルドロール16,ハナノメガミ16などが『サッと行かせて3F44秒台』という表現に対し、この馬は『楽に3F44秒台』とのコメント。当初は最終1口の予定でしたが、このコメントで2口の出資。上手なコメントにやられました。
冗談はさておき、12月の写真は輸送等も含め時期的なもので緩く映りますが、動かしている時期であろう募集カタログ時と1月更新の写真、動画から馬体は◎。血統面については上記した通りで、馬体のトラブルなどが無ければ、いいところまで行ける馬に育ってくれるのではと、期待しているところです。
今度はPOGではなく、一口馬主としてこの馬に夢を見させてもらいます。ご一緒の皆様、よろしくお願いいたします。


叔父 アグネスデジタル
2015年8月 ビッグレッドファーム明和にて
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 20:26デイムウルスラ2016