さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ › ナムラセレナーデ2016
HAKODATE-RACING-CLUB

2018年01月14日

ナムラセレナーデ2016 (トゥザグローリー産駒) 杵臼牧場見学等~友駿ホースクラブ愛馬会


友駿ホースクラブ愛馬会
出資2歳馬

ナムラセレナーデ2016
牡馬

父 トゥザグローリー
母父 アグネスタキオン
栗東 牧田和弥厩舎
生産 杵臼牧場

2017年11月22日 近況

浦河のNo.9ホーストレーニングメソドで育成中です。
場長は「先週までは角馬場でフラットワーク中心に乗り込んで、乗り手の指示に従うように調整していました。今週からBTCの施設を利用して稽古を行っています。まだ始めたばかりですので軽いところですが、乗りやすく変な癖もありません。馬体面についても脚元を含め異常はありません。体重は現在420キロですが、見た目以上に大きく見せています。これから体力が付き筋肉も付いてくれば逞しくなると思います。幸い飼い葉食いはいいので、成長するとともに全体的に良くなってくると思います」と話しています。

2017年12月27日 近況

浦河のNo.9ホーストレーニングメソドで育成中です。
場長は「先月からBTCの600mのダートトラックで4800mを乗り込んでいます。ペースはハロン23~24秒程度のハッキングキャンターで、体力の強化を図っています。一時、調教量が増えたことで体が細化しましたが、そこも乗り越えて徐々に筋肉が付いてきています。来月一杯は現状のメニューで調整していきたいと考えています。ゲート練習も広いところですが通過させて慣らしているところです。気性面も相変わらず手のかからないタイプですので、調教については何ら問題ありません。今週から10日ほどリフレッシュを兼ねて一息入れる予定です」と話しています。馬体重は430キロです。


半姉サダムコンチェルト(地方:ヴァーミリアン産駒)、アオラニ(ストロングリターン産駒)に次ぐ、母の3番仔になり、新種牡馬トゥザグローリーを父に持つ16年産駒。トゥザグローリーの父はキングカメハメハですから、血統的にも魅力充分。その辺りにも期待したい1頭です。


2017年8月14日、浦河町の杵臼牧場さんでの見学です



後肢の繋ぎがもう少し寝てくればベターではありますが、魅力ある好馬体の牡馬です。母父アグネスタキオンが出ている栗毛&ツーソックス。

まだ小柄には映りますが、程よい胴伸びと逞しい胸前の筋肉。持ったままの手応えで直線を向いてきていた、現役時の父トゥザグローリー譲りの心肺機能が遺伝していることを期待します。







この角度の馬の表情が良いですね。肌艶の良さは際立ってました。

額上部と、胸前の傷は他馬に蹴られたりしたやんちゃの証。
元気な証拠ですね。

キャロットクラブで活躍した父 トゥザグローリーの初年度産駒。キャロットさんでトゥザグローリー産駒は募集されていませんが、この牡馬にはシチーのこの世代の"秘密兵器"として、活躍を期待しています。
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 10:03牧場見学ナムラセレナーデ2016