さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


 › 函館レーシングクラブ › ケープタウンシチー2016
HAKODATE-RACING-CLUB

2018年01月14日

ケープタウンシチー2016 (オルフェーブル産駒),2017 (キズナ産駒) 幌村牧場見学等~友駿ホースクラブ愛馬会


友駿ホースクラブ愛馬会
出資2歳馬

ケープタウンシチー2016
牡馬

父 オルフェーヴル
母父 シンボリクリスエス
美浦 池上昌和厩舎
生産 幌村牧場

2017年11月22日 近況

BTC内の吉澤ステーブルで育成中です。
マネージャーは「分場でリフレッシュを図っていましたが、すでに今月からBTCの坂路を併用してハロン20秒程度のキャンターを踏んでいます。まだまだこれから馬体は成長していきますが、体は幅があり肉付きも良いようです。今後は成長を促すためインターバルを取りながら進めていきますが、年内は現状のペースで進めていきたいと思います。年明けから個体差が出てきますので、メニューが変わってくるかと思いますが、ゆっくりと進めていったほうが良いかと思います。調教が進んできましたが、気性も気難しいところはなく従順です」と話しています。馬体重は406キロです。

2017年12月27日 近況

BTC内の吉澤ステーブルで育成中です。
マネージャーは「角馬場でしっかりと乗り込んだ後、坂路に入れてハロン18秒台のペースで調整しています。動きは問題なくスムーズです。馬体は見た目にはそれほど変化はありませんが、幅が出ています。まだまだ成長の余地を十分残していますので、インターバルを取りながら進めていきたいと思います。また調教師が馬体確認と動きを見ていかれましたが、背中を使った柔らか味のある動きでなかなか良さそうですねと言われていました。馬体的な面からもじっくりといったほうが良さそうなタイプなので、今後も成長を促しながら調教を進めていきたいと思います」と話しています。馬体重は417キロです。


ヴァンベールシチー(ステイゴールド産駒)、そして先日紹介したケープタウンシチー2016(ハーツクライ産駒)に次ぐ、母の3番仔です。


2017年8月14日、幌村牧場さんでの見学です。

幌村牧場の生産馬には、自身友駿で一発目の出資となったゲルマンシチー(3勝・マンハッタンカフェ産駒)や、イソノルーブルの血を引くマンハッタンカフェ産駒 ハドソンシチー、現3歳馬ハートランドシチー(ハーツクライ産駒・ケープタウンシチー2015)、そしてその下の当馬ケープタウンシチー2016(オルフェーヴル産駒)に出資しており、毎年のように幌村牧場さんにはお邪魔しています。
クラブは違いますが、イソノルーブルの母系のイソノスワロー2014となる、現役馬ハートオブスワローにも出資していましたが、当日はそのイソノルーブルの関係者の方々とご一緒させていただき、1時間ほど競馬談議に花を咲かせて、楽しい時間を過ごしました。


母ケープタウンシチーは現役時4勝。半兄 ヴァンベールシチーの既走馬相手のデビュー勝ちもあり、この世代最初の満口になった募集馬。この後、放牧地に放された様子を見ても、父オルフェーヴルから激しい気性を受け継いでいるようで、放牧地では常に他馬に乗っかかりに行くくらいのやんちゃぶり。とにかく元気いっぱいです。


この激しい気性がいい方に向けば、面白いと思います。
この仔には2016年5月、生後5日目に逢っているので、およそ1年3か月振りの対面

母ケープタウンシチーと当歳 (2016年5月5日)


随分、立派になったなと。
私の若い頃に似て、完全に目がイってしまっていたので(笑)

おいおい、言う事ちゃんと聞くんだよと、馬に言っておきました。


とにかく放牧地にいる仲間が気になって仕方がないといった様子


当然この馬が、友駿(シチー)のこの世代の期待馬


放牧地の仲間に一通り挨拶を済ませると、こうして寄って来る可愛い一面もみせます。順調に成長してもらいたい牡馬です。

  続きを読む


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 11:31牧場見学ケープタウンシチー2016