さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
函館レーシングクラブ代表
函館レーシングクラブ代表
当時の政策 定額給付金 がきっかけ 「どうせなら夢のある買い物を」 ということで一口馬主参戦。
初出資馬は2007年産駒のシルクオールディー 同馬は2010年8月8日、当地函館競馬場で2勝目を挙げ、口取りも経験させてくれました。そして札幌での連勝~菊花賞へ駒を進めるもレース後に屈腱炎が発覚し無念の引退。
その後も一口馬主&競馬を楽しんでいましたが、2012年12月27日 最愛の初代会長 愛犬ボスの急遽により、競馬関連にも全く興味を持てなくなり、全クラブ全馬を放棄して全退会。
暫くは競馬から離れていましたが、岡田繁幸氏のプレイアンドリアルの中央競馬挑戦に触れて血が騒ぎ、再度一口馬主へ参戦。
現在は友駿,ラフィアン,ローレルにて出資
思い出の競走馬コスモバルク,インパーフェクト,プレイアンドリアル
2代目会長は愛犬 リッキー

過去の主な出資馬
シルクオールディー
ゲルマンシチー
クラリティシチー
シャトルアップ


出資競走馬

【 勝負の2014年産駒 】
ラディアントシチー

牡馬
父 ディープブリランテ
母 ツルマルオトメ
母父 タイキシャトル
美浦 齋藤誠厩舎
生産 駿河牧場
(友駿HC愛馬会)
出資 4口

【 勝負の2015年産駒 】
オートキュイジーヌ2015

牡馬
父 ヴァーミリアン
母 オートキュイジーヌ
母父 フレンチデピュティ
栗東 田所秀孝厩舎
生産 スガタ牧場
(Ruffian)
出資 1口


その他の出資馬
2014年産駒
フルトベングラー
牡馬
父 サマーバード
母 ヒカルマイゴール
母父 エアジハード
栗東 高橋義忠厩舎
生産 森永牧場
(ローレルクラブ)
出資 1口

2015年産駒
ワンダフルドーラ2015
牡馬
父 ゴールドアリュール
母 ワンダフルドーラ
母父 More Than Ready
栗東 羽月友彦厩舎
生産 田端牧場
(友駿HC愛馬会)
出資 3口
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション


 › 函館レーシングクラブ › 一口馬主:友駿HC愛馬会
HAKODATE-RACING-CLUB

2017年01月09日

エスポワールシチーの全弟(エミネントシチー2011)幾千世牧場見学~友駿ホースクラブ愛馬会


プレジールシチー
(エミネントシチー2011)

父 ゴールドアリュール
母 エミネントシチー
母父 ブライアンズタイム
美浦 田村康仁厩舎
生産 幾千世牧場
友駿ホースクラブ愛馬会の無料プレゼント馬として提供されていたエミネントシチーの2011年産駒。

懐かしい写真が出てきました。
2011年10月末(当歳時)のプレジールシチー。生産牧場の幾千世牧場 放牧地にて。
まだBOSSも元気で一緒に牧場をまわっていた頃です。
幾千世牧場の鹿戸社長には結構よくして戴いていて、立ち寄った際にはうちの会長BOSSと、幾千世牧場専務のリックの根性比べなんかもした記憶があります。中型犬リックに対して、BOSSはミニチュアダックスでしたが、一歩も引くところを見せない強い相棒でした。

寄ってきます

利口そうな馬だった記憶があります。


自ら 立ち姿 を決めてくれるサービス精神満点のプレジールシチーでした。
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 20:51一口馬主:友駿HC愛馬会

2017年01月09日

ワンダフルドーラ2015(父ゴールドアリュール)田端牧場見学~友駿ホースクラブ愛馬会


友駿ホースクラブ愛馬会募集馬
ワンダフルドーラ2015

父 ゴールドアリュール
母 ワンダフルドーラ
母父 More Than Ready
栗東 羽月友彦厩舎
生産 田端牧場

この世代の最初の出資馬がワンダフルドーラ2015です。
他の募集馬よりも比較的早い2月末生まれということもあってか、カタログを手にした当時から一番良く見えた馬で、それなりのボリュームがありながら、関節なども決して窮屈でない好馬体が目に付いた1頭です。
血統面でも、これまで数頭 Haloのインブリードを持つ馬に出資していますが、これまではサンデーサイレンス経由のHaloと、Devil's Bag(タイキシャトル)や、Roberto(Kris S.)経由でのクロスでした。
その点ワンダフルドーラ2015は、父系は同じサンデーサイレンス経由(ゴールドアリュール)ですが、母系はサザンヘイロー経由でのHaloの3×4のクロス。血統的にも魅力がある馬です。
父がサンデー系×母系サザンヘイロー経由でのHaloのインブリードといえば(クロス発生の代は違いますが)、本年の皐月賞2・3着馬(ディープインパクト産駒)マカヒキ(ダービー馬)や、サトノダイヤモンド(菊花賞馬)も内包しているインブリードとなっています。

一番仔の半兄ソアリングホークは勝ち上がっていますし、二番仔のワンダフルボーラーは残念ながら未勝利に終わりましたが、デビュー戦では僅差の2着と、母系から力を感じる点にも魅力を感じました。
ワンダフルドーラ2015は、母の初のサンデー系との配合。父がゴールドアリュールですから、ダートが主戦場になるかと思いますが、羽月先生のところはワンダースピードや、インカンテーションでダート重賞を複数獲っている厩舎ですから、そういった面でも心強く、期待したい部分です。
このような出資理由で、今年の5月5日 こどもの日
実馬を見に、新冠町大狩部の生産牧場 田端牧場さんを訪問してきました。

田端社長(右)と娘さん
この時期としては既に充分な馬体に育っています。トモや背中~腰回りの筋肉などをチェックさせてもらいました。

歩様もまずまず良く、腰もしっかりしていて、尻周りの筋肉には迫力すら感じさせます。
この馬が友駿募集馬のこの世代のお気に入り。
(現在は浦河町の谷川トレーニングセンターで育成中)

田端社長が体高を測ってくれました。
この日の測尺で体高 155cm

ゴールドアリュール産駒といえば、昨年のチャンピオンズカップにも、コパノリッキーをはじめ、ゴールドドリーム、メイショウスミトモ、ブライトアイディアと4頭の産駒が出走していました。
G1とは言いませんが、重賞に出走してくれるような競走馬に育ってほしいと願っています。

ワンダフルドーラの2015
夢を見せてくれる競走馬に育ってくれますように!
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 20:35一口馬主:友駿HC愛馬会

2017年01月09日

ラディアントシチー(ツルマルオトメ2014) シュウジデイファーム見学~友駿ホースクラブ愛馬会


ラディアントシチー
(ツルマルオトメ2014)

2016年5月5日(昨年)浦河町西舎にある育成先のシュウジデイファームさんを訪問し、"期待の牡馬"ツルマルオトメの2014を見学してきました。
一昨年8月(2015年)の大北牧場さんを訪れて以来ですから、およそ9ヵ月振りの再会です。

"再会"を前に馬房で丁寧にブラッシングしてもらっているラディアントシチー



この時は一旦緩められた後ということで、馬体重は520キロ台とのことでした。順調そうで馬体も立派に成長してくれていました。

微かに覚えてくれていたようです。

当日は5件の生産・育成牧場をまわるスケジュールを組んでいましたが、他所の時間を詰めてでも、どうしても会いたかったツルマルオトメの2014年産駒。(現在は吉澤ステーブルイーストさんで育成中)

歩かせてもらって

筋肉や脚元をチェックさせていただきました。

シュウジデイファーム馬房前にて
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 20:12一口馬主:友駿HC愛馬会

2017年01月09日

ラディアントシチー(ツルマルオトメ2014) 大北牧場見学~友駿ホースクラブ愛馬会


ラディアントシチー
(ツルマルオトメ2014)

父 ディープブリランテ
母 ツルマルオトメ
母父 タイキシャトル
美浦 斎藤誠厩舎
生産 駿河牧場

2015年6月頃、数クラブの牡馬を眺めていたとき、馬体・雰囲気に一目惚れして友駿さんへの再入会を決めたのが、このツルマルオトメの2014年産駒です。上の写真はその当時の募集カタログ写真で、1歳6月時の撮影。

こちらは当歳10月時撮影の、友駿ホースクラブ愛馬会のカタログ写真です。
まだあどけなさが残り可愛いです。

2015年8月、大北牧場さんでツルマルオトメ2014を見学してきました(シチーの会員としての見学は第一号との事でした)

当時、ユニオンOCで走っていた半姉シンジュボシ(ダイワメジャー産駒)や、ローレルクラブ所属で現役の半姉ピアレスピンク(エンパイアメーカー産駒)の活躍も知っていましたし、祖母メモリーズオブロニー(父Storm Cat)の仔には、当時セイウンワンダーらと競っていた、マンハッタンカフェ産駒で注目していたツルマルジャパンの名も。
愛犬BOSSの死後離れていた一口馬主でしたが、どうしてもこの馬を持ちたくて、この世代この1頭で勝負したいと思い、友駿ホースクラブ愛馬会へ再入会。

母 ツルマルオトメの5番仔で待望の牡馬。
写真で確認できるかと思いますが、放牧地では他の馬たちと相撲を取って、顔には生傷が絶えないという元気坊主。
たとえ飼い葉を残していても、放牧中に青草を食べて自分で体を作って帰ってくるという賢さも持っていたようです。
姉たちを超えられるような活躍を期待しています。
  


Posted by 函館レーシングクラブ代表 at 19:50一口馬主:友駿HC愛馬会